2013年02月25日

気持ちが塞ぐ

近頃、朝、起きるのが嫌になっている。
起きて、着替えるのがおっくうだから。
左手首を骨折して1か月と少し。
右手が進化してきたとか、不自由さに慣れてきた
とか言ってはいるが・・

ギブスがついた腕が入る服が限られているし、
パジャマから洋服に着替えるのに時間がかかる。
ボタンをかけること、
ズボンをはくこと、
靴下をはくこと、
一つ一つが一仕事。
何故か、日々、嫌になってきている。

亡くなる少し前の父が、気力はあっても、体力が
衰えてきていた。
「近頃、お父さん、着替えるのに時間がかかるのよ」と、
父の奥さん、私にとって継母が嘆いていたことが思い出される。
力が入らず、動作が緩慢になってしまうからだろう。

今、自分がその状況になって、父の状況がよく分かる。
でも、父は面倒だから着替えないとか、起きるのが
嫌だとか言って無かった。
手伝っても、もらわずに一人着替えていた。
パジャマやスエットなど、ゴムのズボンなど穿いていた
ことは無かった。
偉いな〜。
何を思っていたのかな?

私は毎朝、ベッドの中でため息をついている。
あと少しで、ギブスが取れる日も近いというのに・・・
あと少しだから、頑張ろうと思えずに、
日に日に気が重くなっている。

老人性うつ病かな〜


posted by ふみ at 17:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

骨折から1ヶ月

1週間ぶりの診察
骨折から1月経ったということで、レントゲンを撮った。
正面、側面、裏側等4枚のそれを見ながらの診察。
骨折した部分の双方からモヤモヤっとした何かが・・
これが新しい骨で、伸びて折れたところを覆い、
繋がるようになるらしい。
順調に骨が育っているとのこと。
2月1日にギブスをはめてから18日、あと2週間位は
このままの状態で様子を見て、順調なら、最初の頃の
ように下半分の支えになるらしい。

そんな話を聴いた後、待合室に戻ってお会計を待っている
時に「ご不自由ですね。」と隣席のご婦人に声を
かけられた。70歳前後の方だった。
「実は私も同じなんです。」聞けば10月に左手首を
骨折され、今日が最後の確認のレントゲンとのこと。
別に整骨院にも通っていて、リハビリをしているとの事。
もう4か月も経つのに、左手の4つの指が曲がらなくて、
と、おっしゃる。
子どもはギブスが取れると、どんどん手を使うから回復も
早いけど、高齢ということもあるし、痛くて動かすのが
嫌なものだから、回復が遅いと嘆いていた。
お互い片腕で生活する苦労が共通するものだから話が
弾んで、彼女が診察に呼ばれるまで話し込んできた。

私の場合、ギブスが外れた時はどうなのだろう。
痛くて辛いリハビリになるのだろうか〜?

先が見えたような、新たな不安が生まれてしまった
ような日になった。
posted by ふみ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

今度はプリンター

次の故障はプリンターだった。
デジカメで孫を写し、幾枚かをプリントアウト中に
エラーメッセージが出た。
プリンタヘッドが違います。正しいものと交換ください。
プリンタヘッドなんて、触ったこともない。
純正品で無いものと交換した覚えもない。
マニュアルを出してきて、色々対処してみたが
エラーは点いたまま。
メーカーの東日本修理センターに電話をしてみた。
「その機種は部品の供給も終わってしまった機械なので
修理は無理かと思います。」
・・・・・
2006年発売のものだった。
ついこの間、買ったような気がしていたが6年は経っている。
毎日使うもので無し、本体はとてもきれい。
それでも無いと不便、そこで新品検討。
同等品を選ぶと以前より安い、1万6、7千円で買えそう。
確かに修理を考えるより、買ってしまった方が安い。
家電品が壊れる時期は不思議と重なると言うが、全く〜!
posted by ふみ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

次々、故障

家のものが、故障していく〜

出産後に里帰りしている娘がいる。
1階におばあちゃんの部屋があり、使っていないので
そこを提供している。
部屋に温度計や湿度計を備えて、寒いとか、乾燥してるとか
大変な気の配りよう。
初めての子だし、あまりにも小さくて、温度差に
耐えられないかと心配なのだろう。
私は「あなたも12月生まれ、この程度なら平気よ。」と
思っていても、口を出さない。
昔と違うとか、私のようにアバウトには出来ないだの
言われてしまうから。

おばあちゃんの部屋についているエアコン。
おばあちゃんは、エアコンが好きでなかったのか、
もったいなかったのか、あまり使わなかった。
それが、ここにきてフル稼働。
老朽化していたのか、壊れてしまった。
20年くらい前のものなので修理は出来ない。
そこで、これまた普段使っていない灯油のファンヒーターを
出してきて、使わせた。
ホッとしたのもつかの間、夜中には動かず、故障。

左手首骨折で人間も壊れているけど、
置いてある機器もみんな壊れている。

オイルヒーターを買ってあげると言ったら
電気代が高くつくから、自分の家には持って帰れないという。
たかが知れていると思うがせっかくの提案も却下。

さて、今夜はどの機器を持ってきて部屋を温めようか
posted by ふみ at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

初孫誕生

出産のために里帰りしている娘。
1月28日の出産予定日を過ぎても、気配なしで心配していた
ところ、2日の土曜日の午後に破水。
病院に検査のために連れて行く。そのまま入院。
でも陣痛が来ず、夕方、娘婿を残して帰宅。
私は風邪がぶり返しそうな体調になる。
夜、11時頃に娘婿の大ちゃんから電話。
陣痛室から分娩室に移ったとの連絡。
夫と娘と私の3人で病院へ駆けつける。
午前1時頃に無事に女児出産。
しばらく待つと対面可能とのこと。
私は遠慮して、分娩室にはいかず、娘に写真を
撮ってきてもらう。午前3時ごろ帰宅。
面会時間の午後1時に出なおす。
その間、寝て体力回復。
今度はマスクをつけて、抱かせてもらう。
初孫。
何やら不思議な感じがする。
娘の娘だなんて〜
30年という時間の速さ、
こうして命がつながり自分が老いていく。
人間の営みというか、
自分の役割が否応なしに代わって行くような・・

posted by ふみ at 23:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手首骨折と風邪のWパンチ

1月30、31日風邪でダウン。
左手首骨折というだけで、家族に迷惑をかけているのに、
またまた・・・
日曜日、散歩で汗をかいた。
そのせいか月曜日、寒気がする。
風邪など引いていられない状況なので、火曜日に医者へ。
朝の体温は35.4度、私の平熱。
のどの痛みと若干の咳。
熱が出るかもしれないからと、薬を処方して下さった。
これで、万全、安心と思っていたら大間違い。
その夜、腹筋が痛くなるほどの咳、
熱も38度となったせいか体中が痛い。
床の中で、身の置き所の無さを感じ、悶々とするが骨折の
ために体を自由に動かすこともできず辛い。
水曜日、木曜日と仕事を休んで寝込む。
何だか自分が情けなくもなり、身も心もどっぷり病気。
それでも2日間、寝床にいたおかげで何やら峠を越えた感じ。
食欲が出てきた。
これって回復の兆候。

2月1日
風邪の熱と咳が峠を越えたので、会社に行く。
月末の事務処理が溜まっているのでいるので、
来週に持ち越すと精神的にも落ち込むため。
その前に、外科へ。
腕の腫れが引いたのでギブスに。
「以前に比べて、軽くて良いものになりましたよ。」と、
言われたが今までの当て木(?)状態よりも
動きが制限された。
筒状の布を腕にかぶせ、シート状の綿を巻き下地を作った。
その上に水に濡らした包帯をグルグルと巻き始めた。
指先から肘近くまでの上腕部。
時間が経つと、熱を持ち固まってくる。
腕の先だけなのに、閉塞感があって、イライラっとする。
この状態で1か月か、1か月半だそう〜。
神経質になり、ギブスの中の腕が痒いような気になるし・・
1ヶ月って、とても長く思える。

posted by ふみ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

左手首骨折7日目

転んで7日目。
未だ、腫れが引かない。
今日も医者に行ったが、湿布を替えただけ。
看護師さんの処置だけで、医者の診察もない。
大丈夫なのかな〜?

包帯で丸まった左手で何かしたい時、野口英世の
火傷した手を想い尊敬し、
服の袖に手が通らないときは、亡父が転んで腕に傷を作り、
包帯すると服が着れないと言って私のコートを貸した
思い出がよみがえる。
ブラウスのボタンを留めてもらう時、おばあに同じことを
した昔を思い出す。
そして現在形で、家族に色々手助けしてもらいながら、
思い出を作っている私。
変なの〜!

今日、会社に来た営業さんの骨折の経験談を聞いた。
私と同じ、手首骨折。
彼は外科で治療ではなく、接骨医で治したとのこと。
石膏で固めてしまうと、きれいに骨がつながらないかも
しれないので、接骨医に毎日通い、骨の位置を確認し、
電気を当てて治したとの事。

えっ〜そのほうがいいのかしら?

なかなか、腫れが引かずに進展のない状況だと心揺らぐ。

看護師さんは、焦っても仕方ないですよ。って
おっしゃるが・・・
posted by ふみ at 21:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

骨折から3日目

転んで左手首骨折してから3日目。
毎日、湿布を変えに通院中。
まだ、腫れが引かないのでギブスを付けることが
出来ない。
ガンガン冷やしてください。と、言われている。
固定した患部の上にビニール袋に氷を入れてあて、
タオルを巻いて過ごしている。
左上腕部が筋肉痛になってきた。
痛みもあるが、どこがどこだか判らなくなってきた。
全部・・・・痛い!

顔も猫が洗うみたいに片手で撫で回す。
服も袖口が緩いものがなくて、おばあのを着ている。
食事の支度などは出産が近いので里帰りしている娘に
託している。
お風呂も一緒に入って、洗髪もしてもらった。
母の役目が出来ず、介護を受ける身になって情けない。

今日は息子が見舞いを口実に帰ってきて、状況を
確認しに来た。
口だけは元気だから、安心したようだった。
夕食をして帰って行った。


posted by ふみ at 22:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

まさかの転倒

大失態をした。
14日に初雪が降った。
15日には降りやんでいたが、滑るからと出勤は車でも
自転車でもなく徒歩にした。
家を出てから20m位のところだろうか、見事に両足を
滑らせ、スッテンコロリと尻餅をついた。
咄嗟に左手をついたのか、見る見るうちに左手首が
腫れてきた。
痛みに、半べそかきながら自宅戻る。
すごく痛くて、何故か、お腹まで痛くなって、
震えが来て、毛布を掛けてうずくまっていた。
1〜2時間していたろうか、
興奮が収まり、落ち着いてきたので、会社近くの
医者に行ってみることにした。
何枚かレントゲンを撮った結果は、「左手首骨折」
固定されて、湿布を貼って帰宅。
ロキソニンとムコスタ錠という痛み止めと胃薬を
くれたけど、飲んでも痛い。
腫れが引かないとギブスをはめられず、毎日、
湿布交換に通うことになっている。
痛い。
包帯を指先まで巻かれているので、使える手は右手のみ。
利き手でなくて良かったね。
頭を打たずに良かったね。
と、言われるけれど、実に不便。
夫に着替えや家事を助けてもらうが、実にもどかしい。
つい、声が大きくなる。
と、夫は「口も怪我をすれば良かったのに。」だって。

起こることはすべて、何かの意味があると言うけれど、
この事態はいったい何?

骨折の痛みって、いつまで続くものなのでしょう?
何日、我慢をすればいいのでしょう。

慎重に歩いていたつもりなんだけどな〜

posted by ふみ at 21:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

ゆずジャム

いただいた「ゆず」をどうしようかと悩みながら
そのままにしていました。
量もあるので、作ったことのないゆずジャムを作って
みようかと思い立ちました。
早速、ネットでゆずジャムの作り方の検索。
いくつか出てきた記事を読むと、大体の流れがつかめた。
1、果汁を絞り出す
2、皮を刻んで、あく抜きの湯がきをする。
3、種と房でペクチンを抽出するために煮たてる。
4、果汁と刻んだ皮とペクチンを煮込む。
5、砂糖を加えて、煮詰める。

s-IMGP0075.jpg

s-IMGP0076.jpg

出来ました。合間に空き瓶を湯煎しておいて、詰めました。

s-IMGP0077.jpg

やれば、出来るものですね。
苦味も無く、美味しく出来たんですよ。
パンにぬったり、ジャムと白湯でゆず茶にして
いただいています。







posted by ふみ at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

スペクト(SPECT)検査

新聞で認知症の記事を読んでいたら、SPECTという単語が
出てきました。気になって調べてみました。サーチ(調べる)

SPECT(スペクト)検査とは、脳の血流状態を画像にして
見ることができるものだそうです。
脳の機能が低下している部分は、脳の血流が低下しています。

本当に近頃、物忘れが多くて〜

年相応?

もしかして・・・認知症? がく〜(落胆した顔)

もの忘れが少し多い状態を、最近では「軽度認知機能障害」
と呼んでるそうです。
「軽度認知機能障害」はアルツハイマー型認知症の前ぶれと
して現れる症状ともいわれています。
症状だけでは診断しづらい軽度の認知症でも、
SPECT検査で見つけられることがあります。
ある特定の部分に脳血流低下が見られる場合、より高率に
アルツハイマー型認知症に進行すると言われています。

SPECT検査は認知症の早期発見、早期治療に役立つ検査です。

気になった時は、検査をお願いした方がいいかもしれません。

だって、机の上に物を出されて、記憶テストをされても、
あがって、真っ白になってしまうこともあります。
体調やら感情が入らない方の検査の方が正確なような
気がします。

私? 物忘れ多いけど、年相応の範囲だと思う。。。
posted by ふみ at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

調布の深大寺

日曜日に調布の深大寺にお詣りに行ってきました。
趣味でわら細工をやっていて、深大寺には「赤駒」と
いうわらで作った馬がおみやげ品としてあります。
そのせいか、干支のわら細工品なども売っていて
見るのが楽しいのです。

s-IMGP0036.jpg

そして深大寺と言ったら「おそば」が有名。
行く度に、店を変えています。
今回、こんなところにあったのかという場所で
見つけました。
素敵な雰囲気で、おそばも美味。

s-IMGP0055.jpg

s-IMGP0056.jpg

下はお賽銭の写真です。
昔の珍しい100円札が5枚くらいありました。
1000円札はありましたが、5000円や10000円札は
ありませんでした。まだ不景気なのかな?

深大寺と隣接しているのが神代植物園
今はぼたん祭りを開催しているようです。
霜よけのわらボッチの下で見事な花を咲かせて
いました。目の保養〜

s-IMGP0060.jpg

s-IMGP0062.jpg







posted by ふみ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

正月風景

どこかを歩いているときに、楽しいことや可愛いものを
目にしたときに、得したような気分になりませんか。
私が気に入った出会いがこれです。
百貨店前で宣伝中のちんどん屋さん。
音楽も軽妙な文句も楽しく、華やかな姿は素敵

s-IMGP0016.jpg

ワンちゃんの晴れ着姿です。
羽織袴の男の子、
着物に帯の女の子です。
飼い主の方が作ったわけでは無く、方々探して
買い求めたそうです。

s-IMGP0059犬.jpg

s-IMGP0042犬.jpg

可愛いですね。体が大きいので見栄えがしました。
すれ違う人が皆さん注目していました。



posted by ふみ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

立体カード入れ

財布の中にポイントカードがあふれ、管理に悩んでいた。
ポイントなんて、1点1円くらいのものなのに、
持っていない時に、買い物をするのは何だか惜しい
気がするのは私だけでしょうか?
手づくり展で、今まで見たことも無いようなカード入れに
出会った。欲しくなって買い求めて、
サイズを測り、
ネットを探って、型紙を探し
友人に話したら、手芸店でくれた型紙を持っていて
譲ってもらい、この正月休みに作ってみた。

s-IMGP0013カット.jpg

下の写真は開いたところ。17箇所のポケットがある。
買った品には、小銭入れがついていなかったがつけてみた。
2作目には、札入れ部分も足した。

s-IMGP0012カット.jpg

小さく見えるポケットだけどカードはちゃんと入ります。
表裏にして2枚入れも可能。
何だか、再現できたことがうれしくて自慢したかったの。


posted by ふみ at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

鰹節削り

このお正月から、カツオ削り器で鰹節を削って、
「だし」をとっている。まあだ3回目だけど。
福島の奥会津の三島工人まつりに行った時に、買ってきた。
それきりただ置いていたのだが、この正月から使い始めた。
小学生の頃にお手伝いで削らされた記憶がある。
だから、ざっと50年も前の話になる。
今、削ると上手く出来ない。
鰹節のどこの面を削り器の刃にあてて擦ればいいのか。
音はなかなかそれらしいのだが、開けてみると粉状
ここでも、こちらでもないと鰹節の向きを変えてみる。
まだ、探り当てられない。
きれいな削り節が出来たら、写真を撮って自慢したい〜!

自分で削った鰹節の入った煮物やみそ汁、
数の子のつけ汁は美味しいです。
何だか、こういった事をしたい年頃になったみたい。
posted by ふみ at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

日常のスタート

今日、正月休みに来ていた息子が帰って行った。
まだ、休みは残っているのだがしたいことがあるのか
早めに戻って行った
暮れに来て、掃除を手伝い、台所で重宝に使っている
ぐらついた踏み台を危ないからと直してくれ、
食洗機のコンセントも修理してくれて、
食事を美味しいと楽しみながら食べてくれた。
散歩もつきあってくれた。
彼なりに気を使ってくれているのか・・
あんまり「いい子」で、帰られると寂しい〜

夫はまだ「うつ」から抜け出せない。
ひげも剃らず、正月が来るので床屋に行くよう言っても
出かけなかった。
娘夫婦が来る段になって、ひげは剃ったが、それで精一杯。
正月の宴も参加はしたが、飲んで眠くなったと、
早々に自室に引き上げてしまった。
もう、「うつ」に入って8か月。
長い!
家事は手伝ってくれるし、一人読書やテレビで過ごすので、
別段、困ることはないのだけれど

何だかね〜

今年は海外旅行に行きたい!と、思っている私。
夫などあてにせず、自分がしたいように行動した方が
いいのかな〜

もう一つ、勢いがつかない今年のスタートです。


posted by ふみ at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年初の墓参り

1日の日、息子と二人で散歩。
近所の神社に初詣をした。
天気も良かったので、距離を伸ばして富士山が見える
高台にある墓地に行った。
お寺さんの墓地だが、宗派を問わないし、有名人の
お墓などもあって、関係者でなくても入りやすい。

行ってみて、びっくり
お彼岸かと思うほど、多くの車や人が来ていた。
なかには一族並んで記念撮影をしている人たちもいた。
お正月にお墓参りをしたことがなかったので、
この光景に???
家族で墓参りをして、報告や新年の祈願をするのだろう。
考えてみれば、自然な行為かもしれない。
行くことが普通なの?

早速、翌日におばあのお墓参りに行った。
墓地で出会った方は一人だったが、新しいお花が
上がっている所がいくつかあった。
年末に来たのか、年初に来たのかは不明だが、
この時期に来ているのは確か。

家でも来年からは墓参りを恒例化しようかな〜

posted by ふみ at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

健康診断の結果

今日、11月21日に受けた健康診断の子宮がんや乳がんの
結果が封書で届いた。
なぜかしら封書だと開封するときに緊張する。
宛名も自分の字なのにね。
「再検査の必要はありません」
「現在のところ異常ありません」と書いてあった。

ホッ

前回に比べて、腹囲が多くなった。
でもメタボリックシンドロームには非該当
中性脂肪が減り、善玉コレステロールが少し低くなり
悪玉コレステロールの数値が30も減った。
全体的に数値が良いみたい。
でも、なぜ数値が良くなったのか、食事や生活態度も
変えたところがないのに。
つい最近、白米に玄米を少し混ぜて食べるようになったけど
そんなに早く結果が出ると思えないし。。。不思議?

ただ11月21日の健康診断の日から、止めたことがある。
夕食後のお菓子食い。
事前の生活習慣の記入用紙にその項目があった。
私は宵っ張りなので、お腹が空いて、つい手を出していた。
そう、毎日のように。
でも、記入用紙に書いてあるってことはいけないこと
なのだろうと判断。
以来、夕飯をしっかり食べて、デザートの果物もして
あとは、寝るまでお茶だけにして頑張っている。
なんか、その結果が体重にでも出るといいな〜!
posted by ふみ at 22:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

自分の審判、逆上がり

昨日の日曜日は選挙の日。
事前に新聞を見て、候補者や支持政党を選んで出かけた。

都議会議員の補欠選挙。
衆議院の小選挙区選挙。
比例選挙
都知事選挙
裁判員の評価

地域では当選者の大体の予想はついているが、やはり清き1票。
自分の姿勢を示さなければ。
候補者の方も勝てば、支持票として励みになるし
負けても応援者がいると、次なる1歩の気持ちの支えになるはず。

私の地域の投票所は小学校。
大抵の場合、家族の誰かと一緒に行って投票をする。
今回は珍しく、息子と娘が一緒。
終わって、運動場に出たとき先に出ていた娘が言う。
「逆上がりしていくんでしょう。
お母さんはいつも選挙で学校に来ると、逆上がり
していくんだよね。」
確かにしたことはあるけど、習慣化しているわけでもなく、
忘れていた。
何年もやっていないし、出来る自信もなかった…
でも、3人で選挙に来るなんて初めてだったし
面白がって皆で挑戦した。
高さ120p位の低い方でトライ。
成功した。
気を良くして、高さ130p位の方もトライ
高い方が難しいが成功した。
何度かやって、失敗も2度位あったけど、成功で終わらせた。
だから偶然出来たわけでもなく、まだ出来るのだろうと思う。
蹴り上げて足の付け根を鉄棒の高さに持っていき
巻き込むような体勢になれば出来る。

御年62歳でやった〜!

何だかすごい、うれしい!
次回、また、逆上がりに成功するまでの記録記念日となった。






posted by ふみ at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

電球を買いに行った今浦島の私

今浦島だ!!

3連休の一日に、久しぶりに電気屋さんに買い物に行った。
掃除機の紙パックが最後の1枚を装着してしまったので、
補充を求めに。
先日、ダイニングのペンダント式の明りの電球も交換した。
買い置きの最後の一つを使ってしまったので、
その補充品も求めに。

家電品は種類も多いので、店舗も大きい。
久しぶりに行くと、売り場自体を探すのが大変!

見つけた!
掃除機コーナー、近くに消耗品もあるはず〜
空き袋を持って、品番見比べていると店員さんが声を
かけてくださって手渡された。

次は電球。
こちらも、見つけたけど〜〜
100V100Wのボール球なんて、無い。
ソケット式の形はあったけど、丸型なんて無い。
ポップがあって、読めば「白熱球の製造は中止」とある。
じゃあ〜私は何を買えばいいの?
周りを見渡しても店員さんはいないし、ウロウロ。
やっと手のすいた方を見つけて、聞けば・・
半円球のような形をした商品2点を指して、
こちらのLEDか、
蛍光管が中に入っているこちらのいづれかになります。
価格はどちらも同じ。白熱球の5倍位。
電球のような色が希望でしたら、蛍光管が入っている方が近いです。
LEDの方は白っぽくなります。
みれば100V19W。
19W?!
今までと同じような明るいのを探しているのですがと重ねて質問。
こちらになります。
簡単で素っ気ない応答。
信用しかねたけど、とりあえず購入してきた。

自宅に戻って、すぐ付け替えてみた。
何だか、うす暗い感じ。
夫が少し待ってみよう〜と提案。
そのまま点灯していると、光力がいくらか増してきたような

なんか、納得してはいないけど、
店員さんが言うことだから、明るさにもそのうち慣れる
ということで、買い置き品の棚に置いた。

寿命も白熱球よりずうっと長いし、消費電力はずっと少ない。
もう、買い置きは必要ないものかもしれない。

それにしても、びっくりした〜!

調べてみれば、2008年には白熱電球の生産中止を政府が
メーカーに要請している。
家電量販店は店頭の取扱い品を切り替えているとのこと。
スーパーなどには、まだ従来品があるらしいが、
行った店には一つも無かった。
居合わせたお客さんにまでも説明されて、
まったく、知らなかった私は、今浦島気分だった。

世の中、どんどん進んで、恐ろしい〜〜




posted by ふみ at 22:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。