2012年04月24日

故人の誕生日

今日は父の誕生日。
生きていれば91歳になる。
83歳11カ月で亡くなって、7年になる。
もう7年、そんなに時間が経つのだ。

病院に通った日々がついこの間のことのように思われる。

亡くなった日や、誕生日、そういった日は、存命だった日々が
思い出されてセンチな気分になる。

今日は、思い出にたっぷり浸り、夜中に泣こうと思う。


ラベル:供養 思い出
posted by ふみ at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

こむら返り

19日の木曜日、テニスをしている時に、左ふくらはぎが突然クッと、
固まり、普通に動けなくなりました。
こむら返りです。
---こむら返りというのは、足がつることです。
ふくらはぎのひふく筋や神経が異常な緊張を起こし、
筋肉が収縮したまま弛緩しない状態になり、激しい痛みを
伴う症状です。ふくらはぎを「こむら」といいます。--

ベンチで足を延ばしたり、さすったり、筋肉消炎剤の
スプレーを吹き付け、静かにしていた。
夕方になると、痛みは増し、左足に力が入りません。
引きずって歩いていました。
翌朝、治っているかと期待しましたが、階段が降りれません。
左足に体重がかかると痛いのです。
こんなこと初めてです。
今までに足がつることはあっても、伸ばしているうちに治り、
翌日まで持越しなんて、ありませんでした。

医者に行きました。
若い先生は、ズボンの上からふくらはぎを触り、
「断裂もしていないし、つってしまったんですねぇ。
飲み薬と湿布薬を出しておきます。
ストレッチをするといいです。」

何だか、拍子抜け。
でも、ホッとした。
薬飲んで、湿布して、幾日か経てば、治るらしい。

この間、誰彼となく、足がつった経験談を聞き集めた。
予防のために、運動後は湿布薬を貼るという人。
何日も痛みが続くのは普通だという人。
寝ててつるという人は、市販薬を買って、すぐ飲むという。

立ち仕事や、運動中や、高齢者に多いらしい。

結局、加齢による〜ってこと。(ガックリ~)

今後のために、対処法を調べました。
----*-----*
まずは安静にし患部を冷やします。そして筋肉が異常に
収縮しているわけですから、伸ばしてあげましょう。
伸ばすときは一気に無理矢理伸ばすと筋肉組織が損傷し、
肉離れに発展してしまうこともあるため慎重に行って下さい。
伸ばし方は足の親指を持って(つま先でも可)、足を頭の方向へ
近づけようとするとふくらはぎの部分が伸びます。
反動は付けずに深く伸ばすようにすると効果的で、
しばらくすると痛みが引いて緊張が解けるでしょう。

痛みが引いた直後は極力運動を再開せず、しばらくは歩いたり
ジョギング程度の軽い運動までにしておき、入念なストレッチで
クールダウンをするようにしましょう。

芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)という漢方薬は
非常に効果があり、即効性にも優れています。
芍薬と甘草の2つの生薬を組み合わせた漢方で、足の痙攣が
静まり筋肉の弛緩作用があることが解明されています。
芍薬は血の巡りを良くする作用があり、生理痛などにも
利用されている生薬です。甘草は鎮痛効果があり、
しびれや痙攣に作用します。
この二つが合わさって、こむら返りに対応できるということです。

しかし、副作用として足のむくみや血圧上昇の恐れがあることが
指摘されています。医師の診断の元、用法用量はきちんと
守るようにしましょう。
------*-----------------*

私が医者で処方されたのは、この芍薬甘草湯でした。
食後1包、一日3回、2週間分を出されました。

それまでに治れば、2週間飲まなくてもいいのかな。
治ったら、次回のためにとっておこう。
国保使用で、治療と薬で¥1360でした。

本当にびっくりの初体験でした。
加齢によって、今後、色んなことが起きるのかな?
posted by ふみ at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

カーヴィダンスの本

少し前に新聞の1面を使って、カーヴィーダンスの広告が
掲載されていました。
「楽やせ!」
「出会えた! 私のラストダイエット♡」
売り切れ書店続出。

これらの言葉で、手に入れねば〜と、スイッチが入ってしまった私
買ってきました。
買ってきたら、それだけで安心して・・・
現実、せっせとは、やっていません!!

おばあは、亡くなるまで、食欲旺盛でした。
60代の頃はバンっとした体つきでしたが80代、90代は
体重40Kでした。
自然と減っていったのです。
特に運動も何もしていないのに。
歳を取ると、太って体重が重いと、体の負担も大きいので減量を
勧められるようです。
おばあは、いつのまにか減って、長生き体型になりました。
どうして、そうなったのでしょう?
もっと、研究、観察しておけばよかった〜。

春だ。薄着の季節だ。と、ダイエットを考えていられる
今の私はきっと介護の日々を送っている方から見れば
幸せな状況ですね。
申し訳ありません。
posted by ふみ at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

お雛様

おばあちゃんが亡くなって、もうすぐ2年になる。
去年の今頃は、一周忌の準備で落ち着かなかった。
今年の三回忌は内々でするので、特に準備もない。

おばあが認知症になっている頃は、いたづらしちゃうので
飾ることの出来なかったお雛様をおばあの部屋に
広げてみた。

PICT0001hina.jpg

お内裏様と三人官女、五人囃子と少しの道具類だけ。
大臣も、仕丁も、牛車や箪笥などの道具も今回は無し。
段飾りを組む元気がなかった。
中途半端な雛飾りだけど、部屋の中が華やかになった。
久しぶりに出されて、人形たちも喜んでいると思う。
雛を飾るっていうことは、私にも余裕が出来たってこと
のような気がする。
これからは5月人形も正月の破魔矢や羽子板なども
せっせと出して飾ろう。

PICT0002hina.jpg

左側に見える低い衝立は、おばあが鎌倉彫で彫って
漆塗りをした作品。
背景に見える掛け軸や左の額に入った作品はおばあが
書いたもの。
おばあが生きていたら、「きれいだね〜」って言うかしら?
posted by ふみ at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

デパートの閉店

私の住む市にあるデパートが撤退する。
今月で閉店で、連日セールをしている。
土曜日は娘と、今日は夫と買い物に出かけた。
まったくゲンキンなもので、普段はたまにしか行かないのに
セールとなると、二日続けて行ってしまった私。
大半の方が私と同じなのか、店内は大賑わい。
スポーツ用品売り場に行き、ジャージの上下と
トレッキングのズボンを買ってきた。
通常1万円以上するので、買う決心がつかずに思案中だった品
それが、半額位の価格になっていた。。。
たいした山に登るわけでは無いのだが・・・
去年、靴を買ったので、今度はウエアが欲しかった。
普段に着る服や靴にはたいして興味が無くなっていたのに、
趣味の道具は欲しい。
まだ欲がある自分に気づく。

ああしたい。
こうしたい。
あれが欲しい。
これを買いたい。
生きていればこそ・・・かな。
感謝して、楽しまなくちゃ〜!ね。

今日は色々、手に入れてうれしい日でした。
posted by ふみ at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

不安から抜け出すコツ

不眠ストレス緊急撃退 脳の簡単トレーニング
昨日のNHKの「ためしてガッテン」のテーマ。
私は年末から年初に向けて、周りで良いニュースが無くて、
気分が落ち込んで、ついため息ばかりついていた。
人と話したり、ここでコメントを頂いたりして、
徐々に気分転換を図ることが出来た。
普段はノー天気な私でも、何かのきっかけで落ち込む。
この番組は、私にとって実にタイムリーで勉強になった。
忘れないように、また同じようにへこんでしまう人のために
書いておきます。

-----*-----

人は何かをきっかけに
色々考え出すと、心配の種がたくさん出てくる。
そうした不安により、病気にもなってしまう。
どうしたらよいのか?
性格を変える、というのは無理な話。

不安とは・・・

物を考えると連想が広がる。
次から次へと悪いことを想像する。
不安が強くなる。

だから・・・

客観視する力を高めて思考と現実が違うことを知る。

それには・・・

軽く目を閉じて、小川と落ち葉を思い浮かべる。
心の中に浮かび上がる思考を丸めて葉っぱに乗せて流す。
また、浮かんできた考えを流す。
考えたことを流すと流すモノが無くなる。
現実が見えてくる。

もう一つの不安から抜け出すおまじない。

失敗した時、「自分はダメだな〜」
「何をやってもついてない。」などと考えてしまう時に

『・・・・と、思った。』と、付け足す。

客観的になれる。
不安にとらわれない性格になる。

-----*---- と、いう内容でした。
落ち込んでいる自分に気がついたら、試してくださいね。

posted by ふみ at 11:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

今年もよろしく

年末からお正月休みもあっという間に終わり
ここの3連休で一息ついて、久しぶりの書き込みです。

近頃、気分がね・・滅入っていたのです。
去年の夏、年末、そして、なんとこの年明けに
仕事関係ですが知っている方が亡くなって、それも
皆さん突然に…お若いのに・・・
暮れの27日にお会いして、来年の仕事の抱負など
話して言った方が、心筋梗塞で自室で亡くなっていた。
40歳の若さで。
何だか…大げさかもしれませんが人生のはかなさみたいの
感じて…
明日も生きている保証は誰にも無いんだ。。。
悔いのない生き方をしなくちゃ〜  
。。とかね。。

夫曰く、人間は誰しもいつか死ぬものだから仕方ないよ

私だって、分かっている。

気分が下がると、今まで気にしないでいたような心配事も
心を大きく占めるようになる。

陽転思考よ。
きっと、良いようになるから〜大丈夫って。
自分自身を叱咤激励する日々

私の今年の運勢はとても良いのです。
それを信じて、元気に明るく過ごしましょう!
生きている幸せに感謝して、楽しみましょう!

というわけで、今年もよろしく、ご指導ください。
posted by ふみ at 00:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

最後の柿

今年は家の柿が、なり番だったのでたくさん実った。
おばあも柿が好きだったので、せっせと仏壇に。
近所の人に分けたり、集まりに持っていったりで
ずいぶん楽しめた。

何にでも終わりはあるもので、2個を残して全部もいだ。

何だか寂しい〜

PICT0011柿.jpg

これはバラとのツーショット。柿は富有柿

PICT0012柿とバラ.jpg

ありがとう。
再来年にはまた、たくさん実ってね。



posted by ふみ at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

健診結果

土曜日に11月5日に受けた健康診断の結果を聞きに行った。
インフルエンザの予防接種の方が多いのか混んでいた。

さてその結果は、なんと無傷。
先生がそういう言い方をするの。
「肺がん検診も大腸がん検診も心電図も異常なし
数値の悪い所も無し、無傷ですよ。」って。
この年齢で、やった〜!って感じ。
最近、お腹を壊すことが多くて、大腸検査を受けたのだが
「がん」では無かった。
良かった〜!
細かい所を見ると、多少難はあるものの、治療の必要なほど
では無いってことみたい。

HDL(善玉)コレステロールも増えているけど
LDL(悪玉)も顕著に増えている。
これは何とかしないと、適性の範囲を超えてしまう。

夫に話したら、悪玉が増えているのは性格と同じだとか
言われてしまった。
けなされたのだが、妙に的を得ているようで笑ってしまった。

健診結果活用ガイドなる小冊子を渡されたので
数値改善のためのポイントなど、しっかり読んで
悪玉コレステロール値を下げなければ・・・・

話は変わるが、待合室で立っていると、椅子に座っている
高齢の婦人が、隣の席が空いているから座りなさいと
言っているようにジェスチャーで手招きし、椅子を叩いて
呼んでくれたので好意に甘えて腰かけた。
今日の混み様に驚いているらしく、何かあるんですか?と
尋ねられた。
土曜日ということ、予防接種のことなどではないかと
答えた。
私みたいなものは、普通の日に来るといいんでしょうけど
一人で来れないものですから・・・
そのうち、彼女は呼ばれ、診察室に入り、戻ってきた。
カーディガンのボタンを掛け違えていたので、手伝った。
---今ね、先生に私の歳を教えてもらいました。
聞かれたので、分からないと言ったら教えてくれました。
そう、話しだした。
彼女がどう感じたのか聞きたかったが、私の番になって
呼ばれてしまったので、そこでお別れしてしまった。
残念。もう少しおしゃべりをしていたかったな。。。
可愛らしいご婦人だった〜。
自分の歳を聞いて、びっくりしたのかな?
家のおばあは、歳を教えてあげると「そんなに!?」って
驚いていたっけ。
posted by ふみ at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

障子の張り替え

お天気も良く、今年は何としてもしなければ気のすまない障子の
張り替えを思い立った。
実は、以前に障子紙は購入済み。
決心がつかないまま日が過ぎていた。

貼り替え対象は2枚。
だけど、これが幅が規格外の128p。
おまけに雪見障子になっているので、128pの幅、高さが
80p位のを4枚貼らねばならない。
気後れしている要素の一つ。

何でも一般的な規格サイズの方が、扱い易い。
家を作ったときは、、大きい窓の方がい良いとか言われ、
貼り替えのことなど考えなかった。
愚かだった。。。

障子をはずして、濡らして、古い紙を取り去り、桟を拭いて準備。
以前は狭い幅のを順に張り重ねたが、ここ何年かは90p幅の
アイロン接着出来るもの。
これを横に貼っていく。
簡単で良い。
要領を覚えたころは終了。
窓ふきもあったので午前10時ごろから始め、昼休憩して、
終了が3時ごろ。

大掃除計画の一つが済んで ホッ 

部屋は明るくなり、私の気持ちも晴れやか 揺れるハート

posted by ふみ at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

母の誕生日

勤労感謝のこの日は母の誕生日。

昭和49年に46歳で亡くなった母の誕生日。
亡くなった人の歳を数えて、どうなるものでもないが
毎年、この日は母のことを思う。

生きていれば84歳。

うさぎ年なので、年女だったね。

どんな、おばあさんになっていたかな〜?

私は母とどんな話をするのかな?
旅行でも一緒にしたかったね。

老老介護を面白おかしくしたかったよ。

いい年になっても、母に甘えたい自分がいます。

posted by ふみ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

世界遺産

ボケてしまうと、自分の中の何が残り、何を失ってしまうのか?

夫の兄夫婦の奥さん=義理姉の母親が認知症になり、
日々進化しているとのこと。
普段は義理姉の弟夫婦と同居し、月に一度、2泊3日預かる
スタイルが定着しているらしい。
その2、3日が大変らしくて、会うと話題に出て、
家のおばあとの比較などで、話が盛り上がる。

その母上が最近言っているセリフが

「私、世界遺産になったんですよ。」

新聞をよく読み、病気が出る前は政府批判をするような方だったらしい。
平泉が世界遺産に認定されて、テレビや新聞で頻繁に
取り上げられたことがあった。
それが頭の片隅に残っていたのか・・・
それにしても高尚なことをおっしゃる。

おばあは、あまり進んで話す人ではなかった。
行動的に動く方だった。

もし、私が認知症になったら〜〜〜
どんなことを口走るのだろうか?
どんな行動をとるのだろうか?

----*----*
ちなみに、世界遺産のプチ解説をしておきます。

世界遺産には以下の3種類の区分があります。
文化遺産:記念工作物、建造物群、遺跡、文化的景観。
自然遺産:鑑賞上、学術上、保存上、価値を有する地形や生物、
景色などを含む地域。
複合遺産:文化遺産と自然遺産の両方の価値を兼ね備えている遺産。

日本では文化遺産として姫路城や原爆ドームなどがあり、
自然遺産として屋久島、知床などが登録されています。




posted by ふみ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

おせち料理を注文

今年も去年に続き、お節料理をネットで注文しちゃった〜!
自分でいくつか作るけれど、注文した3段重があると豪華で、楽しみ。
一度、楽なことを覚えると、もう、抜け出せません。
私が頼むのは、海産物の多い特色あるものです。
元旦の夜は、子供たちに集合をかけて、皆で食卓を囲むのが恒例。
そのうち・・・・息子や娘が結婚しても、
この習慣は続けたいと思っています。

あとの正月準備としては大掃除。
障子の張り替えを去年はパスしているので・・・
今年はやらなくては。
年賀状も、今年は喪中欠礼で済んでいたが、作らなくちゃ〜
ボチボチ心がけないと、
計画表でも作って、やってみようかな〜

posted by ふみ at 23:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

皇帝ダリア

おばあが亡くなって、出来るようになったことが夫婦で
出かけられること。

おばあが家にいるときは、どちらかが家にいなければならなかった。

そんな訳で、二人の時間が合うと近所を散歩したり、
ウォーキングに参加するようになった。

今朝も早くから一人で散歩に行った夫が、散歩コースの
皇帝ダリアが見事に咲いていたので、見せたいと誘われた。

PICT0005皇帝ダリア.jpg

高さは噂通り4〜5m、カメラを向けると空の青との対比で
花がきれい〜!
時間帯のせいで、花に太陽が当たっていなかったので
花が輝くようには見えなかったのが残念。
どのくらいの花期なのか知らないけれど、また行ってみよう。

その皇帝ダリア。
友人の家にあって、簡単に増えるので「あげる」と、言われた。
花のない時期に咲いていいのだが、あの大きさは無理。
他所のを見せていただくだけにしよう。


posted by ふみ at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

早めの健康診断

土曜日にかねて予約してあった健康診断に行ってきた。
市で提供してくれるもので、一般の検査は無料。
毎年、誕生日の1ヵ月前に受けてきた。
誕生日が基準で、書類が送られてきていたからだが、
いつのまにか「年度」で受診日がくくられるようになった。
通知が来たら、翌年の1月31日までの期間なら、いつでも受けられる。
状況が変わっても、毎年、1月に受けていたので1月に決めていた。
ところが・・・
近頃、出かけることが続いたり、忙しく過ごしたりすると、
腹痛が起きるようになった。
出かける朝に、痛くなったりもする。
腸過敏性症候群ではないかと素人判断している。

ただ、この夏に少し前まで元気だった知人が、すい臓がんで
あっという間に亡くなってしまったこと。
友人が健康診断でひっかかり、内視鏡での腸の検査を受けた話。
胃のポリープの切除を近くするという友人の話を聞くにつけ、
不安が高まり、腹痛も起こり、で、今年はこの時期にした。

家族のものに、「お腹が痛い〜!」なんて言うと、
「医者に行ってきなさいよ。」
「でもね。たまに起こることだから、痛くないときに行って、
言葉で説明することが出来ない…
我慢したり、正露丸を飲めば、治まるから。」と言い、
行きそびれていた。

でも、時々痛くなるのは事実。
どうだ! 健康診断なら行ける。
今まで受けていなかった大腸検査も受ければ、
この不安は解消されるかも〜
で、予約の電話をしたってわけ。
子宮がん、乳がん、大腸がん、肺がんなどの検査は有料だが、
それらもお願いした。

心電図をとったり、血液採取したり、レントゲン、
メタボの検査で腹回りを測られたり、結果は2週間後くらい先。

朝食食べずに、午前10時半までに受付へ、
食べられないことに、すごいプレッシャーを感じたけれど、
難なくクリアーできて、とりあえず今はホッとしている。
あとは、結果待ち。。。

今日、検査を受けた町医者は、おばあと一緒に通っていたところ。
10時半の予約でも待たされて、実際呼ばれたのは11時過ぎ。
待合室に座っていると、
『おばあのあの日』が昨日のことのように蘇る。
靴を脱がせて、この椅子に座った。
おばあは、大きな声を上げるでもなく、うなだれていた。
一体、あの時は、おばあはどんな状況だったのだろう?
苦しがるでもなく、横にいた私にしがみつくでもなく、
「どうしたの?」と、言う私の呼びかけに反応もなかったようだった。
「その時」を悟って、覚悟を決めていたのだろうか?
おばあが精神の強い人にも思えるし、
医者の玄関まで自分で歩いたことを考えると、
本当に最後まで生き切ったようにも思えるし、
声も上げず、私を求めるでもなかった彼女は
いつも孤独だったのかとも考えたり〜

待たされている時間、きっと何度も浮かんでは消えた思いを
こねまわし、おばあのことを考えていた。
ここへ来るたびに、同じことを繰り返すのだろうな〜〜〜
posted by ふみ at 17:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

息災であれば95歳

今日、10月20日はおばあの誕生日。皇后様と同じ日。
生きていれば95歳。

おばあがいなくなって、どの位経つのか時間の感覚が
分からなくなってきた。
去年の2月に、亡くなった。
もう、ずいぶんと時間がたったような気もする。
あの、ドラマチックな日々が懐かしい。
家は静かになって、私も夫も大きな声を出すことが無くなって
二人とも老けたよう(?)

何だか、本当に100歳まで生きれそうだったのに。。。

今日の誕生日、生きて迎えられなくて、残念だったね。

おばあの部屋も、整理していない。
時々思いついて押し入れやタンスのものを片付けるが、
まだ洋服もたくさんある。
着物だとか、趣味の道具が入った押し入れは手も付けていない。

帰ってきても、このまま生活続けられるよ。

何だか、センチメンタルな日。

posted by ふみ at 23:57| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

知人が肝臓がん

今日はとても重い気分でいる。

知人(55歳、男性、私の勤務先の社長のお友達)が足がむくんで、
靴が履けなくなったので医者に行った。
足の甲だけでなく、太ももから全体。歩くのには支障がないようだが。
検査入院ということになった。
先週末に検査したが、詳しい検査をもう一度するということに
なって昨日した。
肝臓の末期がんと診断され、余命早くて1か月、長くても3か月と
言われたとのこと。
今まで自覚症状はなく、定期健康診断も受けていて、2週間前には
テニスもして、足がむくんだことで病院に行ったら、この結果。

あまりの急展開に、一緒に医者の話を聞いた弟さんが何かの
間違いということはないか。
確認したそうだが癌がたくさんあって、手術という段階ではないと
写真を診せながら言われたそう。
病院で治療のためにすることはないので、退院。
好きなように、お酒を飲んで、旅行もOKだとか。

つい2週間くらい前に、我が社に来た時もいたって普通で軽い会話をした。
とても大きな病気を抱えている人には見えなかった。

足がむくんだのは、ある日突然なのか、徐々になのか解らないが、
こんなことがあるのだろうか?

その方は、独身で糖尿病のために、目が見えなくなった母上と
二人暮らしをしていた。
訪問介護のサービスを受けながら、今年の初めに母上様を自宅で看取った。
介護仲間として、男性なのに偉いなあ〜と、尊敬していた。
夜の外出もままならず、仕事が終われば家路を急いだ暮らしを
していたのだろう。
これから自分の時間を楽しんで欲しいと思っていた。

その人は飄々とした感じの方、見舞いに行った社長から、
彼の様子を聞くと「落ち着いている」
今日の今日の話で、まだ実感として受け止められないでいるのだろうか?

実は私も肝炎のキャリア。
いつ、どこで感染したのか解らない。
母からの遺伝だったかもしれない。
40過ぎての血液検査で知った。
肝臓がんの原因は、肝炎ウイルスが多い。
いつか私も、こんなことが起きるのだろうか?
明日は我が身か?
余命1〜3か月と宣告されたら、何をすればいいのだろう。
何から片づけて、何を言い残して・・・そんなことを考え出して、
何やら涙が出そうになって、気持ちが沈んでいる。。

元気でいられる今を感謝して、きちんと生きなきゃ。




posted by ふみ at 00:14| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

部屋にカビ?

おばあちゃんの部屋は主がいなくなって空き部屋になっている.
それをことをいいことに、雨の降る日は洗濯物を干す部屋に
なったり、服や荷物をチョイ置きしている。
仏壇があるので、雨戸をあけているのだが、留守にするときは
戸締りをする。
ここしばらく天気が安定せず、部屋干しが続いた。
外出も多かった。
洗濯干しは夫の仕事。
仏壇の前で毎日、お経をあげるのも夫。
その夫がおばあちゃんの部屋の畳がおかしいので見て。と言う。
去年の新盆前に畳表を新しくした。
どうした事かと見に行くと、かび臭い。
6畳和室の部屋の隅がカビ〜!
置いている荷物を出し、換気をし、掃除機かけて、雑巾がけ、
乾拭きし、扇風機を持ち込んで回した。
まったく迂闊だった。
おばあの部屋の掃除も手を抜いていた。
おばあがいる頃は、おねしょや何かで部屋を汚しても、
かびたことなど無かったのに。
ついでに、片づけが出来て良かったし、カビも初期段階で
処置できたらから良かったけれど・・
私はおばあがいなくなってから、相当、家事を省いている証拠。
おばあに手がかからなくなった分、一体何をしているのだろうか?
自分にショックな出来事だった。

主のいない部屋って、こんなことにもなるのだ。。。


ラベル:家事
posted by ふみ at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

通販への腹立ち

時々、DMやメルマガにつられて通販で買い物をする。
6月下旬に暑くて寝苦しい夜に安眠を約束するというジェルマットを
家族分注文した。
ネットで送信したのだが、レスポンスのひとつもない。
商品到着まで2週間ほどかかる場合もあると書かれていたので、
とりあえず待つことにした。
2週間過ぎても来ない。
メールで発送日などの連絡ひとつない。
さすがに心配になって、電話した。
つながらない。
2.3日試みて、やっとつながった。
今週中か来週のうちにはお届けになります。
人気商品で注文が殺到して遅れているとの説明。
ところが、その後10日も過ぎても来ない。
8月に入ってしまった。
涼しくなって届いても意味ない。
電話で確認のときに、同じことを言ったら、注文はキャンセル
できないが届いたときに受け取り拒否はできますと教えられた。
そんな決心をした8月4日の留守中に品物が来て、不在票が入っていた。
配送先に電話をして、受け取り拒否を伝えた。

まだ暑い日が続くので、受け取って、使ってもよかったのだが
ものにはタイミングってある。
ぽんぽんと、ことが運ばないと、気に入らなくて、断った。
それにしても今時、珍しいくらい対応の悪い業者があるものだと思う。
今まで、ネットで買い物して、こんな目にあったことはなかった。
今後、考えてしまう。
品物は届かないのに、その間、立派な厚いパンフレットやカタログが
届いていた。まったく不思議。
皆様も気をつけて。
会社名はy−k−ってところ。
ジェルマットや絹の布団など売っています。
この会社をキーワードにして、検索したら同じような経験をした
人が書いていた。
そういう会社なのかと思ったが、ちょっといやな思いをしてしまった。
posted by ふみ at 17:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

術後の検査

昨日、夫の手術後の検査があった。
レントゲンで診るとまだ石がある・・・って。
背中にあざのような痛々しい紫斑があって、痛みもまだ引かない
状態なのに、先生はすぐやりましょう。と仰せになったらしい。
8月は田舎の法事やら、出かける予定があるので9月にして
もらったとのこと。
「先生の腕が悪かったのでは? 」と大胆にも言ってのけたら、
敵もさる者「あなたの石が固いのです。」と切り替えされたそう。

まだ石が砕けていなくて、ショックだったのか病院から
電話してきた夫。
私だって、別な意味でがっかり〜。
次回は、日帰り手術になるらしいが。。。
今度は一日、付き添わなければならない。
まずいことに、その日は仕事上、出かける予定になっている。
夫には内緒で、どうしたものか思案中。
また、薄情もの呼ばわりされるかも。。

固い石、どうせならダイヤになっていればいいのになあ〜!?
ラベル:尿路結石
posted by ふみ at 10:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。