2012年09月23日

病院模様

夫の入院中、毎日、通った。
色々、見聞きして面白い。

各階に食堂兼談話室がある。
そこでは携帯電話もOK。
ある時、私の後ろで大きな声で電話している男性
「あのさ、寿司とビールを持って見舞いに来てくれ
ないか。腹が減ってしょうがないんだ!」
親しい方に冗談を言って、元気な様子を伝えたいの
のだろうが、強がりみたいに見えた。

夫のいる6人部屋の斜め前の人の携帯電話が鳴った。
「何で、電話なんか掛けるんだよ。病院だろうが
全く、常識が無い奴だな!メールを送ったろう。
見たか? メールで返事をしろよ!」
大きな声で怒鳴ってる。相手は奥さんらしい。
あなただって、常識が無いでしょう。
携帯をマナーモードにしてないし、大きな声で話すし
そう、私は思った。
あんなに怒鳴られて、奥さんはどんな気持ちかしら?
私は居合わせなかったが、奥さんが見舞いに来ても
そんな調子で話していたとのこと。
様々な夫婦がいること。
私はあんなふうに言われたら許さない!
病院なんかに行ってあげるものか。と思う。

夫の手術中、ロビーで持参した本を読んで待っていた。
途中で私と同じように待機していると思われる婦人がいた。
歳の頃は私より上。
手術中に何か問題が起きた時に呼びますので、待っている
場所から動かないでください。動くときはナースセンターに
声をかけてくださいと注意を受けている。
私は時々、立って窓の外を見たり、本を見たりで
過ごしたが、その方は知る限り動かず、本も見ない。
お行儀よく、ただ椅子に座って過ごしていた。
私が先に呼ばれ、結果を聞いて同じ場所に戻ると、
その人はまだいて、それから呼ばれていった。
夫にその人のことを話すと、夫は言った。
「その人はご主人のことが心配で、まんじりともせず
いたんだよ。ノー天気なお前とは違うんだよ。」
言われるまで気が付かなかった。
なるほどね〜。
確かに私は心配してなかった!?

隣のベットの老紳士。
昼間は自宅に帰る。
奥さんと手を取り合うように、足を運び部屋を出て行き
夕方には同じようにして帰ってくる。
足に肉腫が出来て手術は済んだが、自宅で傷口を洗う
ことが奥様が怖くて出来ないため、退院はかなわないらしい。
それにしても毎日、迎えに来て、送ってきて大変だ〜。
入院生活1ヶ月半にもなると、我慢が出来ないのかね〜
posted by ふみ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | つれあいの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

胆石

夫の胆のう除去手術で取れた石と胆のうを見た。
私は石だけを取るものと思っていたが、胆のうは
固定されているものではないので、尿道結石を取る
時のように打ち砕くことが出来ないのだそうだ。
対象物が動くと、うまく当たらないらしい。
だから胆石は、胆のうを取って、開いて、中の石を
確認し見せてくれる。

s-NEC_0126isi.jpg

取り出したばかりの石はぬめぬめとして光っていた。
それぞれ色合いが違う。
グレーっぽいのはビリルビンで、黒いのはコレステロール
が成分らしい。
大きさ比較用に隣に置いたのは10円玉。
胆のうサイズは小さめの餃子位だったから、比率から
考えても石は大きい。
こんなのが体の中で作られるのだから不思議。
どのくらいの時間をかけて、このサイズになるのだろう?
石は記念にいただいてきた。
posted by ふみ at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | つれあいの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

胆石の手術

夫が15日入院、18日に胆石除去の手術を受けた。
病院の都合によって、15,16,17日はただ入院生活。
15日に執刀医のインフォームドコンセントっていうの
病気や手術の手順みたいな説明をホワイトボードに図を
書いて話してくれた。
『お腹に5か所穴をあけて、胆のうを取ります。
モニターを見ながら穴から入れた器具で取るわけだが
問題があって、出来ない場合は切って開腹手術に切り替え
ます。出血は考えられないので用意しません。』とのこと
18日の午前9時から手術。
前日のPM9時から飲食不可。
いよいよ手術室へ移動という前になって、手術中の
血栓防止のために着圧ハイソックスみたいのを履く。
すごくきつくて履くのに一苦労の夫。
傍で見ている私は、
「何だか学芸会で王子様でもやるようなタイツだね〜」
「笑わせたら力が入らなくて履けないだろう!」と
睨まれた。

s-20120918タイツ.jpg

手術の同意書、麻酔医の説明と同意書など、何やら次々
サインをさせられた夫は不安そう。
手術室の前で見送って、私は病室近くのロビーで待機。
待つこと約2時間で呼ばれ、手術室前に行く。
執刀医がステンレスの膿盆の上に胆のうの開いたものと
3個の石ころを載せて成果を披露。
無事終了とのこと。
その後、小一時間で病室に移され、夫とご対面。
酸素や点滴、モニターなどの線でつながれ、翌日の
午前中までは身動き不可、飲食不可。
きっと、辛くて長い夜になる。。同情しつつ帰宅。
翌日、様子を見に行くと線は外され、昼食もおかゆを
取り、元気そう〜♪
順調に回復すれば、術後3日で退院というスケジュール
通りに21日に帰宅。7日間の入院生活が終了した。
家では傷口の一つが、まだ閉じていなくて痛みがある
らしくパジャマ姿で過ごしている。

しばらくは脂っこい食事は控えてください。と
胆汁の代わりをする投薬。

まあ、とりあえず良かった。




posted by ふみ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | つれあいの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。