2009年12月31日

手作りこんにゃく

暮にこんにゃくを作るのが、5〜6年前からの恒例になった。
友人と二人で作る。何年もしていると結構手馴れてきた。
ただ労力と時間はかかる。。
手の平大の大きさの物が16個出来て、私は10個持ち帰った。

大きなボールに水を張って、流しに置いておいた。
味が良くて、家族に好評で、もちろん正月料理にも使う。

30日の夜、なかなか寝なくて11時近くに眠りについたおばあ
31日の今朝は午前3時ごろから、物音を立てていたそう。
息子の部屋が台所の上なので、勝手口のドアをガタガタすると
良く聞こえるらしい。
うるささに階下に降りてくると、おばあが横をすり抜けて自室に
戻ったそうな。。
そして、また5時ごろには物音。
息子はたまらず起きてしまったとのこと。

おばあは起きて、何をしていたのか?
食べ物は隠しておいた。パン籠も果物籠も。よって被害無し。

前日の夕食が「すきやき」だった。
残ったままの鉄鍋をガス台にフタをして置いておいた。
その鍋の中に、こんにゃくがごろっと入っていた。

えっ!

まさか・・・

こんにゃくの数を数えた。
2個使った残りが8個あった。
それが今朝は6個だった。

どこかに持っていってしまったのかと思った。

konnyaku.jpg

そのうちの一つがかじられた様子(まな板の上の物)であった。
おばあが食べてしまったのだ。。。。

信じられない!!???!!

なんてこと。

大きな物を二つも。。

煮てもいないものを。。

手でボールから取り出して、ムチャムチャとかぶりついたのか?

今日、正月で煮物や豆などを作り置きした。
冷蔵庫に入らないものは、例年保存容器に入れて台所に置いて
いたが今年は駄目。置き場所に苦慮した。

あ〜〜それにしても・・・
それにしても・・・・

なんてこと・・・
posted by ふみ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 夜間せん妄(昼夜逆転) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

一緒にお風呂

やはり昨夜はあれからもおばあの興奮は続いた。

おばあが静かになって寝たようなので、入浴をした私。
ふと、気がつくと脱衣所に人の気配。
まさか・・・と、ドアを開けると私の着替えをまとめて、
抱えこんでいるおばあ。
「何しているの!」
座って作業をしていたおばあは、そのままの姿勢で両手をつき
「申し訳ありませ〜ん」と頭を下げる。
・・・・おばあの処世術を見た気がする・・・
ともかく、観念した私はその場でおばあの服を脱がせ、お風呂に
入れることにした。明日の予定でいたのに。。
今まで、おばあを入浴させる時は自分は服を着ていて、ズボンの
裾をたくし上げ、体を洗っていたのだが、初めて自分も裸。
体を洗い、シャンプーをし、湯船に。
ここでも落ち着きの無いおばあは湯船の中で顔を洗い、手で体を
こすり、また顔を洗い、手で首筋をさすり、顔を洗い、
足をもみ〜絶えず動いている。
お風呂って、湯に体を沈め身も心も解き放つ所ぞ。
静かにせい。
両手を握って阻止した。
傍から見れば仲良く手をつないで入浴といった姿。
体も温まったので出ることにしたのだが、体も自分でふけない、
着替えも出来ないおばあ。
手早く自分の支度をしてから、おばあの着替えと考えられなくも
無かったが、損なわれた至福の時間を取り戻したかったので
自分はそのままで、おばあの着替え、タオルを巻いて、
おばあを部屋に連れて行き寝かせた。
そして自分は湯船に戻り一息ついた。
改めて自分の身支度が済んでおばあの部屋をのぞくと起きてる。
座って引き出しの中身をガサゴソやっている。
湯冷めをしてしまうではないか・・
優しく言って聞かせ布団の中に入れた。
もう、後を見ず逃げるように寝床に直行した私。
posted by ふみ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 夜間せん妄(昼夜逆転) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

寝ない!

反抗的というか、抵抗する態度は今日も変らない。
トイレに行くのも、手洗いするのも、事前に説明して誘導して
いるのに入り口の柱に捕まって動かなかったり、蛇口に手を
出さない。
夕食は一人で完食した。
食後の入れ歯はずし、「夜のうちに洗っておくのではずして!」
「うん」返事はするものの自分からはしない。
口に指を入れると、またしても噛む。
「とらないよ。洗っておくのよ。」と、言っても拒否。
噛まれても取りはずすと
「なんだから?!」はっきりと食って掛かり、入れ歯を取り
戻そうとする。
ちょっとしたバトル。

さあ〜、今度は眠くなるのを待つ。。
居間のソファーに座らせていると、ウツラウツラし始めたので
「寝床に行きましょう。」手を差し伸べると
「行かない。」
そうして、また目を閉じる。
気分が変わるまで、待って寝室に連れて行ったが・・・
今、現在も起きている。
シーツやタオルケットを飽きもせず、たたんだり、広げたり
枕を包んでみたり、延々と何時間もしている。

この間、何度か行って、シーツをなおし、おばあを横に寝かせ、
タオルケットをかけてきたのだが、様子を見に行くと、起きてる

もう1回、薬を飲ませようかな〜?
私、そろそろ眠りたいんだけどなあ〜
トイレに連れて行ったほうがいいかな〜?
また抵抗されると面倒だな〜
絡みたくないなあ・・・
このまま、捨て置けないしなあ〜
今宵もふけゆく〜♪

posted by ふみ at 00:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 夜間せん妄(昼夜逆転) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

帰ってきた〜

今日の3時半が1週間のショートを終え、迎えの時間。
休みの娘と2人で行った。
廊下にたむろする老人達。
車椅子でエレベーターの乗り場近くに何故かいる人達。
おばあは何処かと見渡すと、ベンチにどなたかと並んで座って
いた。目を閉じているようでウツラウツラしている。
声をかけると見上げるものの特に表情の変化無し。
係りの方に声をかけ、荷物の受け渡しと入所中の様子について
少し話をして、見送られて帰る。

入所中、夜の徘徊をしたようで、薬を何度か飲ませたこと。
徘徊中に2度ほど、転倒されたが打撲等外傷は無かったこと。
食事中に手が止まるので、介助もしたこと。
いつのまにか洋服も脱いだようで、紛失してしまったこと等
お話いただいた。

施設から帰るとき、椅子から立ち上がらなかった。
自宅に着いたのに車から降りずに、下ろすのに時間がかかった。
着替えもトイレも体を突っ張り、抵抗する。
話しかけても何も答えず、ソファーに座らせたらそのままジッと
座っている。カルピスを飲ませたら、途中まで自分で飲んでいた
が残りは介助。いらない様子では無い。介助するとゴクゴクと
飲む。

夕飯はしっかり自分で最後まで食べきった。
夜になったら、徐々にエンジンがかかってきて、昼間はあんなに
無気力だったのに、進んで動き回る。
居間のドアの前を横切る時は、見つからないように驚くほど
素早く走り抜けていく感じ。
そして真っ暗な洗面所や台所に。
玄関に行き靴を履いてみたり、ダイニングに来て、何か食べ物を
探したり、居間に来たら新聞や置いてある物を片っ端から触って、
乗馬マシンは抱え込んで動かそうとしていたが重すぎて動かず
諦めていた。。
何度、布団に誘導しても、起きてきてしまう。。
居間に座らせるが、ジッとしていない。。
そんなことの繰り返し。

いい加減にして欲しい!!!

薬を飲ませ、眠気がくるまで1時間くらい好きにさせ、動きが
鈍ったところで布団に連れて行ったら、大人しく眠った。

夜行性・・?
何で、昼間に動かず夜に活発になるんだろう?


posted by ふみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 夜間せん妄(昼夜逆転) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

家の中の徘徊の姿

夜に寝ずに起きていて、自室で引き出しの中を物色している。
それにも飽きるのか、何か思いつくのか、お腹が空くのか
部屋を出てきて、動き回る。
居間のドアの前を横切っていくもの・・
赤ちゃんのように這い這いして、移動中のおばあ。
「何で? どこ行くの?」前に回って声をかけると片手を挙げ
目の前で横に振り言葉は無し。
かまわないで結構という合図なのか?
さらに、這い這いは続き台所に着くと立って、カウンターにある
砂糖の入っているビンのふたを回し始めた。
止めた。

しばらくすると「アーそれはダメ。薬だから・・」と娘の声。
見れば、頭からタオルケットを被り、ズルズルとひきずっている
おばあの姿。
「お母さんに、見つかっちゃったよ。部屋に帰ろうね。」
「何してるの?」
頭からすっぽりと被り、隠れているつもりなのかな?
娘はその姿が可愛いと笑っているけど。
本当に不思議なことをする。
タグ:認知症
posted by ふみ at 19:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 夜間せん妄(昼夜逆転) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

夜の時間

昨日の土曜日、医者に行ったあとの午後からは眠った。
今日の日曜日は10時頃起床。
朝昼兼用の食事をさせた。
お腹が一杯になった為か、食後すぐに居眠りを始めたので
寝床に連れて行くと夕方までぐっすり〜。

だから・・今、起きている。
長い〜夜の時間だ。
起きていてもかまわないのだが、おばあの場合、色々するので
目障りになってくる。
夕食後、居間でテレビを見ていたが、すぐに飽きてテーブルの
上の新聞をたたんだり、端をめくって数えているふうだったり、
テレビのコントローラーを手に取ったら、やたら押さえつける
ので音量が上げてしまって、びっくり〜
ふと、気がつくと部屋の隅にある大きめの植木鉢を持ち上げて
いたり〜
座布団とクッションとぬいぐるみを重ねているかと思えば
座布団カバーのチャックを開け、中を引っ張り出してみたり〜
じゅうたんを手で盛んにこすってみたり〜
乗馬マシンの操作部分を何故か剥ぎ取ろうと夢中になったり〜
片っ端から、手をつけていく。
その度に「何をしているの。止めて〜」
何でも興味を持つ幼児の様に、行動はとどまることを知らない。
先ほど、トイレに連れて行き、部屋に行って寝かせた。
「ありがとう。奥さん」そう言われたが、すぐに起き上がって、
暗い部屋の中でタオルケットを何かしている。
きちんと座って、黙々とタオルケットの端を持ち何かしている
のを見ると、今、彼女の頭の中の場面は何なのか?知りたい。
眠れないからしているのか?
仕事(家事)のつもりか?
楽しいのか? 
淋しいのか?
行動には意味がある筈。
おばあは想像の及ばない世界に生きている。
時に、おばあの生きる力に恐れを感じる。
posted by ふみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 夜間せん妄(昼夜逆転) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

日替わり体調

3日連続、朝起きず眠ったまま行動をしたおばあ。
すっかり癖になり、このパターンが続くと思いきや・・
油断大敵
今朝は午前4時ごろから起きてご活躍。
歯も無いのに、ダイニングに来て、菓子パン、カステラを食べ
玄関に座り込み、靴を履いていたなどの目撃証言。
午前7時半。起きて欲しい時間は布団の中で就寝。
それでも、「朝だよ。起きて。」の呼びかけに自分から
起き上がった。
目も開いている。
冴えてる。

この日替わりのような体調。
予測不能な変化はどうにかならないものか。

明日は医者に連れて行く。
先日、ショートステイ中に血圧上昇して、騒ぎになったので
良く診てもらうことにする。
医者まで歩いていけるかな?
天気が良いといいな。
posted by ふみ at 00:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 夜間せん妄(昼夜逆転) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

朝寝の癖

朝の意識朦朧状態がまだ続いている。
今朝も目を閉じたまま着替えやトイレをし、洗面をした。
「目を開けて! ご飯食べな。」
無反応のまま、目を閉じている。
「ホラ、目を開けて」なんて言って、指を当てて目を開けさせ
ようとすると、一層頑なに目を閉じる。
ご飯も無理に食べさせず、そのままにしておく。
デイから迎えが来たので、
「センターに行くよ。迎えが来たよ。」
玄関で靴を履く時になって、目を開けた。
ちゃんと、判っている。。。
靴は自分で履かない。上がり框に座らせると前に足を投げ出す。
「ほら、自分で履いてよ。」と、言ったって、その気は無い。。
そうして、デイの職員さんに連れられて出掛けていった。

そして夜。。。。
部屋の灯りもつけず、カサコソカサコソ片付けの音。
ダイニングに来て、茶筒を開けるわ、テーブルセンターを
たたもうとするわ、ラップを引き出すわ、端から手にとって
何か始める。
「もう、寝なさいよ。」部屋に連れて行こうとすると、その手を
振りほどく。「もう、遅い時間だから・・」
「そうかね!」挑戦的な言葉が返る。
セロクエル錠を夕食後の薬と一緒に飲ませたが効かないのか?
元気一杯。
全く、性質の悪いこの習慣、何とかならないかな〜
posted by ふみ at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 夜間せん妄(昼夜逆転) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

夢うつつの朝

今朝も起こしに行くと、反応が無くて、でも私の都合もあるし
デイに行く準備もあるので、無理やり体を起こし、着替えをさせ
トイレに行かせ、洗面をさせ、食卓に座らせるのだが当人は
90%眠っている。
何か、口に入れたら目が覚めるかと思い、牛乳を飲ませるが
ゴックンしないものだから、そのうちダラダラとこぼす。ちっ(怒った顔)
「もう、いい! ソファーの方に座っていたら・・」
そういって、椅子から少し強引に立たせようとすると、
身の危険を感じたのか、テーブルをしっかりと握り、動かない。
なんだ・・・ちゃんと、判っているんじゃない!!

目をつぶって、人に身を任せながら、全部判っていて面倒な
ものだから、眠ったふりをしているのじゃないか・・

デイの連絡帳にも
[午前中はカラオケでしたが、目をつぶられて参加意欲の反応が
無かったので、ベッドに横になっていただいています。
お昼ご飯も、はじめはいらないと、言われていましたが職員が
何度か声をかけさせていただき全量召し上がられています。〕
午後ははさみを使って何かできたようだ。

夕方から夜になると、調子が出てきて部屋の引き出しを開けて
ガサゴソ。ズボンを引っ張り出して、パジャマのズボンの上に
重ね履き。暑くて、汗をかいてしまうと思い脱がせると
気に入らないのか私を突き飛ばした。

もう!〜
以前の昼夜逆転とはパターンが違うが、これもそうなのか。
目をつぶっているおばあを、起こして動かして、これって
いいのか?
腹立たしさや不安、疑問で考えてしまう私。

posted by ふみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 夜間せん妄(昼夜逆転) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

元気は反比例

爽やかな朝だった。
会社で挨拶を交わすが、私が少し元気ないように見えたらしい。
「どうしたの? おばあちゃん?」
「昨日の夜、活動した〜」
おばあちゃんが元気だと、私が疲れていて、
おばあが大人しいと、私は元気で、二人の元気は反比例だね。
そう、言われた。。
なるほど・・・合ってる。

今朝のダイニング、「玄米ブラン」という食事の代わりのような
ビスケットの包み紙が散らかっていた。
これは4枚食べている。
食パンの包みが破られていた。食べたのか不明?
息子の証言で、夜中、勝手口のドアがガタガタと、鳴っていた。
風にしてはおかしいと思っていた。
おばあは普段から勝手口のドアを開けてどこかに行こうとする
癖がある。
夫は古新聞をまとめている袋が包まれていた。
ランチョンマットがないし、何かの包み紙が台所に落ちてた。
と、おかしいと思ったとことを次々発言。

おばあは、夜中にずいぶんと活躍したようだ。
ここしばらく、大人しかったので油断していた。
体力も少しづつ落ちてきているのだと、勝手に解釈していた。
もう〜!
きちんと食べ物を片付けなかった私がいけないのだけど・・・
がっかり〜
まあ、被害はたいしたこと無くて、良かったのだけど。
何だか〜朝から〜暗い気持ちになった私でした。



posted by ふみ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 夜間せん妄(昼夜逆転) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

一日寝て過ごす

2日の日曜日。
おばあは朝起きず、雨戸を開けて音をたてても、明るくなっても
昼も起きず、時々、様子を見に行き布団をめくると亀のように
首を引っ込める。
一体、どの位眠るものかと、そのままにする。
夕方、6時ごろになってモゾモゾと布団から這い出してきた。
早速、トイレと食事、水分補給。
軽く食べさせてから、30分後に夕食。
夕食も普通量を食べる。
前日から計算すると、約20時間寝続けた。。
食後は居間に移動。
これだけ寝たので、当分眠れないだろうとソファーに座らせて
おく。
すると10時半頃になると、眠そうな素振りを始めたので
部屋に連れて行き、寝かす。
大人しく寝付いた。

やはり日曜日を、充電日にしているのか
このパターンが3週続いた。

今度、ショートステイに1週間ほど預ける。
施設では、こういうふうにマイペースで過ごせるのだろうか?

posted by ふみ at 21:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 夜間せん妄(昼夜逆転) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

明け方の活動

昨夜のおばあは、夕食時に残さずご飯を食べ、セロクエル錠も
飲まずに眠った。上出来だった。

そして迎えた今朝、先に起きて階下に行った夫。
私は「あと5分」の粘り中〜〜
ところが夫の呼ぶ声で、仕方なく階下へ。。

見せられたのは、2箇所に分散していたバナナの皮3本分。
あらら・・・また食べまくったのだ。
そこで、チェックすると食パンが1枚。菓子パン1個が無い。
アレー? ヤ○ザキのポイント券を貼った応募ハガキを
吊るしておいたのにそれも無い!
あと少しで、20点なのに。
洗面所に行くと、いつも使っている洗剤の箱がスーパー袋に
包んである。
そんな調査の最中に、おばあが廊下を、おかしな音をたてて
歩いている。
見れば、外履きのサンダルを室内で履いていた。

サンダルを脱がせただけで、おばあの存在を無視。
雑巾での拭き掃除を始める。
そのうち、当のおばあは部屋に戻って毛布を被ってしまった。

そんなわけで、おばあは朝食抜き。牛乳だけ飲ませて、薬。

食べ物、きちんとしまわないとダメだ。
見えないように、クロスを掛けておいただけでは防げない。
何も無いと、おかしなものを口にしてしまうかもしれないし。。
おばあの腹の虫。
どこまで食欲旺盛なのだろう。

posted by ふみ at 22:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 夜間せん妄(昼夜逆転) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

ピークは午前2時

土曜日の晩だったから、良かったようなものの。。。
昨晩のおばあの入浴時間は午前1時30分頃。
正確には日曜日の始まりの時間。

夜、元気が良かった。
そこで、眠れるお薬「セロクエル錠」を半錠飲ませて寝かせた。
そしたら、次の目覚めが午前1時ごろ。
私がお風呂から出てきて、眠ろうとしていた頃。
居間の方で、起きていた娘に話しかけているおばあ。
「おばあちゃんもお風呂に入りたいって。」
むっとした私は、無言でおばあをお風呂場に連れて行った。
お湯をジャージャー体に掛けて、体を洗う。
体を洗うために、腕を上げようとすれば力を入れて抵抗し
下半身を洗うため、「立って」と言っても通じず〜
やっと立たせて「何もしないで、立っていて」と、言ったって
言うこと判らず、体を曲げて手で足をこすってみたりする。。
そんなことしたら、あなたのお尻が、私の顔についちゃいます!
「頭を下げて。」の意味も判らず、そのままでシャンプーをし、
全身をきれいにしたところで、湯船へ。
この間に、下着やおむつの準備。
ゆっくり浸かったら、良く眠れるかと思って、長めに湯船。
適当な時間に、声をかけたら「このままで結構です。」
腕を引いても頑として出てこない。
それでは、もう少しと思って待つ。
気持ちが良いのか歌を歌いだした。
それが「仰げば尊し♪」始めの1節2節は良かったが、そのうち
歌詞も音程もメチャクチャ。
でも本人ご機嫌〜♪
私は居間と風呂場を行ったり来たりしながら、ただ待った。。
そのうち、静かになったので声をかけたら素直に出てきた。
白湯とセロクエル錠を飲ませ、寝かせた。
私、湯冷めしました。

おばあは気ままでいいよな〜。

posted by ふみ at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 夜間せん妄(昼夜逆転) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

寝不足の週明け

おばあは今朝方と言うか、午前2時まで、元気に活動。
おかげで私は、今日の午後は仕事場で睡魔との闘い。。。

思えば日曜日の午前中、前日にセロクエル錠を飲ませたわけでも
ないのにおばあは爆睡。おばあも週の疲れが出ているのだろうと、
これ幸いに起こしもせずに炊事洗濯に励んだ私。
一段落した11時近くに起こし、ブランチ。
その後、しり上がりに調子を上げ活発なおばあ。
用も無いのに家の中を歩き回り、座らせれば何かと話しかける。

「#&%$@!%&どうしようかね〜」
「そろそろ・・”#=(’&%$#・・・」
「$#%(=〜!だから、帰らなくちゃ〜」

「何言ってるの?」
「どうしたの?」
「どこに帰るの?」
意を汲み取ろうと、その度に、返事をすれば・・その答えは

「ふ〜〜ん、そうなの?」逆質問で答える。
あるいは「そうとも言えるね。」
ストレス溜まりまくりの会話になる。

この調子は夕方も続き、夕飯の支度をしていると、頻繁に
ダイニングに来たがる。
おなかを空かせているおばあのために、料理にも気持ちが急く私。
まったく、落ち着かない〜。

食後もTVのフィギュアスケートの女子のフリー演技も、
NHKの大河ドラマも、おばあの訳のわからない話掛けで見た
気がしない。
「ホラ、きれいね。」と水を向けても、おばあにとっては自分の
着ているカーディガンのボタンが気にかかるらしく
「これが・・$#%&〜=・・・」と、私をつついて話しかける始末。

そして夜、寝かせても起き出して廊下をうろつく。
玄関にいるので部屋に戻す、また、出てくる。
見咎められると「トイレに来た」と言い訳する。
例の特効薬「セロクエル錠」を飲ます。
ところが、効かない。
また部屋で大きな物音がする。起きて片づけをしている。
今まで、見向きもしなかった着物が入っている引き出しを開け、
着物を広げている。
うっ!畳むのが面倒なことをしてくれる。。
文句言いつつ片付け、もう、半錠セロクエルを飲ます。
布団に寝かす。しばらくすると、またまたおばあの部屋の戸が
開く音。
もうっ! ちっ(怒った顔)
 切れた私はズカズカとした足取りでおばあの部屋に行き、
立っていたおばあを足払いするようにして横抱きにし布団に
寝かせ、「寝てください! 明日起こすまで布団にいなさい!」
時間もわきまえない大きな声で言う。
布団をかぶせ、私はそのまま横に立ち、起きる気配があったら、
どうしようかと考えながら様子を見る。
布団をめくって、私を見たおばあは布団をかぶり直す。
私はその場で粘った。
やっと薬が効いたのか、寝付いたようだ。

私はそれから、入浴だよ。。

そして朝〜。一番におばあの様子を見れば、もう起きていて
布団を上げ、例の引き出しを開けてよそ行きの洋服を出していた。
この引き出し、気に入っちゃって、困ったな。。
それにしても一体、何時に起きたのやら〜。

セロクエル錠は半分では利ききくいのか? 
朝たっぷり寝かせておいたのが、まずかったのか?
あ〜ぁの週明けでした。


posted by ふみ at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 夜間せん妄(昼夜逆転) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

二日続けて薬頼り

昨日、今日と二晩続けて、薬を飲ませる。
飲むと、眠る。

一度寝て、起きてこられるとがっかりする。
物音で所在確認するとダイニング。
食べ物を物色〜しているみたい。
「何をしているの?」
「ご飯は#$%&=〜」
居間に連れてきて座らせる。
落ち着き無く「そろそろ行かないと」
「どこへ?」
「そうなの?」
かみ合わない会話が始まり、テンショングッド(上向き矢印)
普段はほとんどしゃべらないのに、この時間帯は訳の判らない
話をしだす。
白湯と薬を用意し、飲ませる。
口に入るものは喜んで取ってくれるので助かる。
そして、少し時間を置いてから部屋に送っていく。

今の所、精神科でいただいてきた薬はよく効いているみたい。
助かる〜〜。
寝かせても寝かせても起きてきてしまう、あんないたちごっこ
は、もうしたくない。


posted by ふみ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 夜間せん妄(昼夜逆転) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貪欲な食欲

今朝はゆっくり起きて、朝食。
入れ歯を最初につけて欲しくて、パンを出す前にテーブルに
置いたら、両手にとって、二つに割ろうとしている。
「それは歯。食べるものじゃないよ!」
手伝って装着。牛乳を一気飲み。パンを食べ、グレープフルーツ。
食べる順はどうでも、いいけど・・・順序が普通じゃない。
おばあを食卓に残して、他の事をしていて、様子を見れば
グレープフルーツの皮まで食べちゃうし〜〜アララ。。

食べることが済んでしまうと、もうすることが無い。
何も言われないと次の行動が判らないのか、座ったままのおばあ。
そのままにしておき、家事などしながら様子を見れば、
テーブルの上のバナナに手を出す。1本目は黙っていた。
食べ終わると、2本目にも手を出したので、止めた。

夕食時も、すごい勢いで食べる。
ひれカツを揚げたもの。煮物、おひたし、味噌汁、サラダ等
おかずを見ず(?)に口の中、あっという間に終わってしまう。
大好きな食べることなのだから、ゆっくり楽しみながら食べて
くれればいいのに。。
かき込む。
ご飯もたっぷり、おかずもたっぷり、あげているのに。
箸を取り上げるまで、手を出す。

底なしのような食欲に、たじろいでしまう私。
posted by ふみ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 夜間せん妄(昼夜逆転) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

トライ&エラー

今日、精神科の受診でした。
40代はじめの若い先生でした。

おばあは昨日の夜、あれから起き出して、今朝も気分はハイグッド(上向き矢印)
自宅から車で40分位かかる病院でした。
おばあを助手席に乗せていったのですが、静かに座っていなくて
ドアポケットの地図を出してみたり、着ている服を触ったり
運転の気が散って、「静かにしてて!」何度言った事か。。

待っている間も、自分の服や私のバッグや、座っている椅子
色々なことに気が散って、落ち着き無くて〜うるさい。
呼ばれて部屋に入り、先生と話をしている間も、何か好き勝手に
しゃべって・・・。
先生は家族構成や私の姉妹の数、何番目かとかまで聞く。
そこまで、何のために? 質問を受けながら不思議な???
次はおばあに、簡単なテストをしますね。と、言い
今日が何年の何月何日か。聞かれても「ハア〜大変ですね」
姉妹の何番目か質問されても「・・・・」
時計やスプーン、鉛筆を机に並べられて、「覚えてください」
当人はそれら備品の後ろに書かれている「外来4」を読んで
いて、先生が片付けて「何がありましたか?」聞かれても
関心なし。
何一つ、答えられない。
聞いてる私は、全部無理だから止めて欲しかったけど
先生は生真面目に続ける。
「さる、とり、いぬ。僕は今、何を言いましたか?」
だから・・・無理だって〜。
おばあは薄ら笑い。

その後、脳のCTを撮り、再び診察室に。
CTの画像に「隙間」があるのを確認して
「どうされたいのですか?」私に聞く。
夜に活動されるのが困るので、何か良い処方があったら・・

セロクエル25mgを・・トライ&エラーなんですよね。
これで試して・・
薬の説明に入る。高齢だし、効き目が人によって違うし
死亡率が高くなる場合もあるし・・・そうでない場合もあるし。
1錠飲ませて、変らなかったらもう1錠飲ませて、2錠までは
いいですから。最初から2錠でもいいけど。。

薬局で薬と一緒にいただいた説明書のよると
「不安な気持ちを抑えたり、心の混乱を整え気持ちを安定
させるお薬です。」と、ある。

全てが終わり、そのままデイサービスの施設まで送った。
昼食を取り置きしてもらっていたので。

出かけてから、預けに行くまで正味3時間半。
私、ぐったり〜。。。

さて、そのお薬効き目やいかに?
先程、一眠りして、起き出して来たので1錠飲ませた。


posted by ふみ at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 夜間せん妄(昼夜逆転) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

夜中はパラダイス

午前1時過ぎから、翌朝6時ごろまで、誰も階下にいない時は
おばあの天下。
夫いわく、やりたい放題でパラダイスなんだろうな〜。

みかんを3〜4個。バナナが2本。パンの量は詳細不明。
食べまくった。歯も無いのに。。
紙袋にバナナの皮がしまってあり、みかんの皮は散乱。

目に触れないように、布をかけて置いたり、場所を移して置く
のだが。。
それで、判らないときもあるのだが。。
今日は気がついたみたいで、手当たり次第に食べてしまった。

ランチョンマットには、何かが包まれ・・
頂き物の包みは開けられ・・夜中の活躍がしのばれる。。

起こしに行けば、その頃はぐっすり〜眠い(睡眠)

夜中の活動、何とかならないかなあ〜パンチ
今日は食べ物を食べていたが、無ければ何を口にするか
判った物じゃない。





posted by ふみ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 夜間せん妄(昼夜逆転) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

眠れない夜

今夜のおばあも元気。
まあ、今日は昼間から絶好調。
動き回り、訳の判らないことを話しかけたり〜落ち着かない。

9時過ぎに寝床に連れて行ってから、今まで何度起きてきた
ことか。その度にオムツの心配をし、トイレに連れて行き
また寝かしつける。
ふと、物音に気づけば、カーディガンを頭から被り、玄関に
ある娘のブーツを小脇に抱え、更に息子のスニーカーを持ち
台所をうろついている。
カーディガンを頭に羽織っている様子がおかしいので、
笑わせてもらったけど、こう度々出てこられても困る。
家にあるものをアチコチ持ち歩かれても、あとで探すのが
大変だし〜。

先日は自分の靴をどこかにしまってしまい、デイの迎えが
来た時に、私達は気づき、すぐ見つからず別の靴で行かせた。
出かけた後、大捜査。
結局、おばあのへやの押入れの下段、洋服の入っている箱の中
だった。

本当に四六時中、目が離せなくなってきた。。
今朝は朝食にバナナをつけたら、今までは出来ていたのに
今日はバナナを食べた後、ちょっと目を離した隙に
バナナの皮を食べてしまった。
「あら、ダメよ。出しなさい。」
盗られるのかと思ったか、飲み込んでしまった。
どんな味なのか、試しに私も少し口にしたが一番外側の黄色い
所は口に残る。美味しくない。
なんで、そんなことしちゃうかな〜?

もう、午前2時になってしまう。寝よう。

タグ:認知症 不眠
posted by ふみ at 01:44| Comment(4) | 夜間せん妄(昼夜逆転) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

寝ない日

寒いのに、今夜も遅くまで家庭内徘徊をしている。
暖かい居間に連れてきても、落ち着き無く出て行ってしまう。
玄関に座り込んで、靴を並べてみたり
スーッと風呂場に行って見たり
真っ暗な台所で物音がしたり
食堂に来たり
実に行動的で、つきっきりで見るのも大変で時々チェック。

そしたら・・
また見てはいけないものを見てしまった。

お鍋に入っていたうどんを手ですくって食べていた。

あ〜ぁ

遅くまで起きていて、動き回ればお腹も空くわ・・

そのうち、玄関に置いてあった縫いぐるみの犬に
「ハトぽっぽ」の歌を手拍子、足拍子つきで、歌ってあげて
犬を抱っこして部屋に持って行った。
犬を部屋に置いたら、また出てきたけど・・

疲れてか、厭きてか、眠気が来てかで寝床に入るまで
見守りしかない。

posted by ふみ at 00:58| Comment(2) | 夜間せん妄(昼夜逆転) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする