2009年11月30日

日曜日の騒動

朝、11時ごろにおばあを起こすと全身ぐっしょり〜
お天気もパッとしない日なのに、シーツもおねしょパットも
パジャマも全部洗濯機行き。
ついでに、おばあも朝シャワー。
嫌がって、柱に捕まり動かなかったが強引に洗い場へ。
ドアノブに手を伸ばし、風呂場から逃げようとするおばあと
小競り合いをしながら湯の温かくなるのを待つ。
暖かいシャワーをかけると従順になった。
頭のてっぺんから足先まで〜
おばあにとっては、贅沢な日曜日の始まり。

ここ何週間か寝て曜日(終日寝て過ごす)だったのに今日は違う
冴えてる。
目を離すといたずらが始まる。
生きているんだから動くなとは言わない。
でも、おばあは見過ごしに出来ないことばかりをする。
家事もおちおちしていられない。
居間のソファーに座らせ、夫が隣にいてTVや新聞を見ていると
観念したように大人しくしているが、ひとたび席を離れると
おばあも抜け目無く動く。
コーヒーの瓶のキャップをひねろうとしたり・・
出て行こうとしたり・・
そんな夕方、エアポケットのような時間。
おばあは、やってくれた。
クッションのカバーを取り、中袋引き裂き、中身をぶちまけた。
中身はポリウレタンや綿ならまだしも、羽毛だった。
フワフワとあちこちに散らかり、拾い集め、粘着テープで取り
ながら・・無駄だと知りつつも言わずにいられない。
「何で、こんなことするの!」
当人は普通の顔して、普通にそこにいる。
美味しいものでも入っている袋に思えたのかな?

お昼寝もお夕寝もせずに、一日を過ごした。
夕方には夫も私もぐったり、うんざりだった。


posted by ふみ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

空気は読める?

最近、娘に夜、パソコンを独占されていて、話が1日遅れに
なってしまう。。。

昨日、娘の彼が家に来ていた。
夕方、デイから戻ったおばあは活発になってしまって、色々
しでかしたそうだ。
お客さんが来ていて、自分も働かなくてはいけない気になった
のかもしれない。
昨日は雨だったので、おばあの部屋の外廊下に簡易物干しを出し
洗濯物を干しておいた。
わずか半間の幅の廊下に観葉植物や椅子、物干しで上手に
動かないと通れるはずもないところに入り込んで、椅子に座り
身動き取れなくなっていた。救出すると次は玄関に行き、
靴を履き、そのまま廊下を靴で歩き回った。
息子の靴をかじって、食べれないと判ると、ブーツの入って
いた箱を広げ、中の紙を食べていたそう。
目が離せない状態だったので、私が帰るまで居間のソファーに
座らせて、皆で監視していたそう。。

家族のことも、すっかり忘れて、誰が誰やら判らないようなのに
何か、いつもと違うということが判るようだ。
いつもと違う行動をした。
偶然か?



ラベル:認知症
posted by ふみ at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

何故、口に入れる?

夜中、一眠りしたのか、おばあの部屋でガタゴト音がし始めた。
そのうち、そろりそろりと部屋を出てきて、洗面所の方に、
次はドアを開けて台所に来た。
入ってきたものの、ドアの前で一回りして、壁と対峙している。
でも、その壁には台所の灯りのスイッチと、お風呂のスイッチが
ある。やたら、押されても面倒なので、おばあの傍に行き
「トイレですか?」声かけて、体の向きを変える。
見ると口をモグモグさせているので、
「何を食べているの? 口開けてみて。」素直に開けた。
見ると長さが7cm位のサインペンか何か筆記具の
白いプラ製キャップ。
「これはダメだあ〜」取り上げる。
引き出しの中を片付けていて出てきたのだろう。
大きいもので、飲み込まなくて良かった。
トイレを済ませ、オムツを替え、寝床に戻す。
手が冷たかったのでこする。
布団に入れて、布団の上から体をさする。
安心したのか目を閉じたので部屋を出てきた。
その後、起きて来ることは無かったようだ。

まるで、寝惚けて起きてしまった子を寝かしつけるような気分。
posted by ふみ at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

続く「大」失敗

近頃のおばあのマイブームはオムツで「大」。
ここの所、お腹を壊しているわけでも、食べ過ぎているわけでも
ないのに失敗続きで。。
3〜4日、一度くらいの便通が近頃は毎日。
トイレに連れて行くタイミングが合わないのか、意思表示も無い
ので、手の打ちようが無い。
臭いで気づいたときには、すでに遅し。
出来れば決まった時間に、トイレでゆっくり待つようにしたいが、
便座に座っていてもペーパーが気になったり、ウォッシュレット
のパネルが気になったり、手洗いの蛇口に手を伸ばしたりで
そのことに集中してくれない、おばあ。
お腹に力を入れることもわからない。
結局、おばあのいたずらに私がイライラして、
「出ないならいい!。出ましょう。」とトイレタイムを終了する。
結果、おばあは体の要求するまま、所かまわずの事態になって
いる。
今朝も・・部屋に入った瞬間に気づく。トイレに連れて行き、
少しの間座らせて、ウォッシュレットを使い、風呂場に移動して
シャワーを使い、着替えさせて、消臭剤やコロンをシュッシュ。
「立って」「後ろを向いて」号令をかけ、
着替えを取りに行ったり、便座を拭いたり、動き回りながら
グチグチの私
「トイレで、しようね。わかるでしょう。」
その間、おばあは無言でされるがまま。
バツが悪いとか申し訳ないとかの様子は無い。
父のように、世話をしてもらって、申し訳ないとか情けないとか
が出てくると「大丈夫よ。我慢しないで。」と、私だって
言えるのに。。
おばあのようにシラーッとされていると、口が出る私。
「いい年しているんだからさ。しっかりしてよ。」
積極的に手伝うことも出来ず、こちらの様子を窺っている夫が
「あなたも面白いこと言うね。
いい年しているから出来ないんだよ。」
なるほど・・・
悲しいね。
こうなってしまうのは。


posted by ふみ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

自主的トイレ

おばあは一度寝てから、1〜2時間後にふらっと起きて来る。
そのまま風呂場の方に行くので、後をついて行って、トイレに
誘導し、済むと台所や居間に行こうとするので、自室に戻して
寝かせる。
半分以上はそのまま寝付いてくれる。

今日もスーッと起きてきて、居間のドアの前を通り過ぎて行く
私が遅れた〜!
正座をしていて、足がしびれていたのだ。
無感覚の足を引きずるように、行くと、姿が見えない。
トイレの電気をつけて、のぞくとおばあが座っていた。
オムツを下ろして、座っている。
オムツの下げが足りないが、「偉い! 出来てる。」と、思った
オムツをもう少し下げようと手を出すと、何と便器のフタの上に
座っていた。
あれ〜!惜しい〜〜  大失敗じゃない。

自主的にするのはいい事だけど。無理だな。
posted by ふみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

スイカの皮

私はスイカが好き。
私は2月生まれなのだが、私を出産する時に母が父に
「スイカを食べたい」と言ったらしい。
まだ結婚して1年、私が最初の子だから、父は母の願いを叶えて
あげたかったのだろう。今と違って、年中あると言うわけでは
ないのに捜してきて、母に食べさせてあげた。
だからと言うわけではないだろうが、私はスイカが好き。
だから、朝食時の果物はスイカが多い。

おばあは今朝は自分からお風呂に入ろうと行動したくらいだから、
今日は冴えてる。
色々、脳が働くようで。
パンを食べ、牛乳を飲み、スイカを食べ始めた。
種も出せる。
皮の部分の所に来たら、食べるのをやめた。
果肉部分と皮部分がわかる。
今日はすごいね〜と、感心していると
持っていたスイカの皮を牛乳の入っているカップに突っ込んだ。
固い物は牛乳に浸せば軟らかくなると、気がついたらしい。
でもね〜・・・・
スイカの皮は牛乳に浸しても食べられない。
取り上げて、新しい一切れをあげた。

冴えて、考えることが出来ても、正しいつながり方は出来ない。

夕食時、おばあの好きなかぼちゃの煮物を多めにのせた。
いつも食事の感想など言わない。無言で食べる。
それが今日は食べながら、「よく燃えてるね。」
「良く、煮えてるね。」と言いたかったのだろう。
せっかく気が効いたのに、はずれちゃっている。。

今日は冴えているから、よく話しかける。
アイヅチをうったり、適当に言葉をはさんでいるが
何を言っているのか、さっぱりわからない。
外人と会話をしているようで、わかる単語が一つも出てこない。

悲しいね〜


posted by ふみ at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お風呂に入るぅ〜

今日は日曜日。
おばあは昨夜が元気で寝るのが遅かったので、朝は爆睡中。
それをいいことに、夫と市のゴミ処理場にゴミ捨てに行った。
子どもの使っていたベッドや取り替えたブラインドなど。
粗大ゴミの捨て方は手順が面倒で、置きっぱなしになっていた。
でも、ウイークデーの他に第4日曜だけは処分場へ直接
持ち込めるので持っていった。
捨ててきて、気分もすっきり帰宅すると・・・
おばあが起きていて、何やら騒動。
娘が留守番をしていたものの、彼女は夜勤明けで居間のソファー
で眠ってしまったらしい。
おばあは目が覚めて、お風呂に入ろうと、思いついたらしく
トイレに行き、そこで服を脱ぎ、便器の縁(風呂蓋のつもり)を
持ち、ガタガタしている所を目覚めた娘が発見、同時位に
私達が帰宅。
娘が風呂場に連れて行き、シャワーを浴びせてくれて
私は水(?)浸しになったトイレとそこに散乱している衣類を
片付けた。

脳が働いて、何かすることはいい事なんだけど、それが
お風呂に入ることで、トイレが風呂場に見えるなんて。。。
あのまま、もう少し、おばあの好きにさせていたら、便器の
中に入ったのだろうか?

まだまだ油断できない、おばあです。
posted by ふみ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

コントローラー

本日のおばあは元気。
午前中は、月に一度の診察日。
ゆっくり歩いて10分弱の医院まで、歩いて行けた。

帰宅後、昼食。
お昼寝もせず、過ごした。
食卓のランチョンマットをたたみ、チラシを広げて、たたみ
また、ランチョンマットを広げて、折ったチラシを包み
そんななことを、繰り返して〜

夕食前に、30分位眠り、食事。
ここからは、更に活発になり、居間の目に付く物を片っ端から
触りまくる。
誰かの郵便物を勝手に開けたり、ゴミ箱をあさったり、
ティッシュを何枚も引き出してしまったり・・
TVのコントローラーをチラシで包んで、チャンネルを変えて
しまったり、気をつけてみれば居間はおばあの玩具だらけって
ことになる。
そのうち、凡人ではしえない境地に進む。
ソファーの上に顔の描かれたクッションがある。
その絵の口元にテイッシュを持って行き、詰めようとしている。
絵だから・・・どう考えても無理。
何のつもりかな〜?
次に目にしたのは、TVのコントローラーを持ってハーモニカ
のつもりか、口を当て、吹いている。
一生懸命、フーフーと、やっている。
どうして〜?

いい加減、うるさくなってきたので
「トイレに行って、寝ましょう」声をかけて連れて行けば
抵抗する。
もっと遊んでいたいんだよ〜
もっと起きてる〜って駄々をこねているような感じ?
トイレに行って、座らせれば、オムツを上に上げようとするし
済めば済んだら、オムツやズボンを上に上げようとしている
私の腕を押さえて阻止しようとする。
「ズボンを上げるだけよ。」
何やら怒った形相で、鼻息荒く、夢中になって取っ組み合い。
部屋に連れて行き、寝かそうとすれば、枕の位置や
タオルケットを直そうとしている私を足で蹴飛ばす。

結局、またゴソゴソと起き出して、自室で何か始めている・・


posted by ふみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

食への意欲

以前は食事となると、朝、起きぬけでもパクパク食べた。
寝坊して遅い朝食をして、昼食までの間が短くても、昼食は
昼食でしっかり食べた。
食事は自主的にできる唯一のことだった。
それが、近頃の朝は眠気の方が強いのか食卓に座らせても進んで
食べようとしない。
昨日の朝も果物と牛乳だけで終わり、デイサービスの迎えが来る
まで、居間のソファーに座らせておいたら、居眠りを始めて、
迎えが来ても起きなくて夫は大変だったらしい。
今朝も、果物を先に与えて、その食べっぷりを見てからパンを
用意することに。
食べやすい大きさに切った「すいか」を器に入れ、フォークを
添えて目の前に置く。
フォークに刺して、手に持たせると食べる。
またフォークに刺して、勧める。
3回目からは「自分で取って、食べなさい。」と見ていると、
食べない。。
フォークをしっかり握れないような手指の動き。
今日も果物と牛乳だけになりそうだ。
(私はここまで見届けて、出勤)
昨日のデイでも昼食時介助をしてもらって3分の1を食べただけ
だったらしい。
朝、昼をろくに食べないなんて、以前には考えられないこと。
食べることは生きること、と、思っている私は、おばあの
この態度は気になる。
認知症が進むと食べることも忘れてしまうと聞いたことがある。
その境地に来たのか? 
何なのだろう??
ラベル:認知症
posted by ふみ at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜の散歩

昨日の夕食後、落ち着かないおばあは家の中を歩き回り、
次には玄関に行き靴を履きだした。
娘が「じゃ、散歩行こうか。」おばあを連れ出してくれた。
蒸し暑い空気の動かない室内よりは、外の方が気持ちよい
かもしれない。。
家の周りを一回りして帰ってきた。
玄関を開け、出迎えると不思議そうに目を向け、玄関ドアまでの
の2段ある階段を上がってこない。
「おばあちゃん、家だよ。入ろう。よその家に入りたがるのに
どうして家には入らないの?」娘が声を掛ける。
いつか私も散歩に付き合った時と同じ。
よそのお宅に入ろうとしたり、駐車場に侵入したり、そうして
プラプラと歩いてきたらしい。
散歩をし、適度な疲れで眠ってくれるかと思いきや・・おばあは
自室に入ると、電気もつけない室内で何やらガサゴソ始めた。
夜には強い。。。
ラベル:認知症
posted by ふみ at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

トイレに篭城

ショートから帰ってきたおばあは何故か反抗的。挑戦的。
夕飯の仕度が終わって、呼びに行くと・・
シーツを取ってしまった布団の上に斜めに横たわり、体半分は
布団の外。
「ご飯よ。起きて。その前に布団を直そうか、どいて」
聞こえない振り。
「さあ、起きて。」手を取ると振りほどく。
ご機嫌を損ねると、頑固だから事が面倒になると思って、私の
言葉づかいは優しい〜のに。。(笑)
最後は抱え起こして、トイレに。
汚れたオムツを取り替えようとすると端を握っていて、
替えさせない。「汚れているからきれいにするね。」と、
言ったって、強く握った手は離さない。
何とか取り上げて、紙パンツも汚れていたので取りに行くと
その間にトイレのドアを閉めた。
開けようとすると、内側から開けさせまいと押さえつけている。
ノックをしたり、ご飯を食べようと声をかけてもドアを開けない
もういいっ!
好きなだけトイレにいればいい。
「ご飯美味しいね〜」聞こえよがしに言いながら食事を始める
トイレの様子に聞き耳をたてていると、何やら水音。
気になってドアを開けると5センチ位開けられた。
隙間から覗くと手洗いの蛇口が開いていたので手を入れて締めた
おばあは便座のフタを閉じ、その上に腰かけていた。
そして、ドアはまた閉じられた。
様子を伺っていると、時々細めにドアを開けて、おばあも様子を
探っているよう。。
しばらくして、娘が優しい声で呼びかけたら、出てきた。
そこでオムツを履かせようとしたら、足を突っ張り、まだ抵抗。
手を洗い、食卓へ。
椅子に座るのも嫌がり、人の手を振り解こうとしていたが
デイでも昼食を満足に食べていないと聞いたので、何としても
食べさせなくてはと、強引に座らせる。
箸を持たせて食べるように促すと、猛然と食べ始めたおばあ・・

食事が済んだら、薬。そして入れ歯はずし。
「ホラ、こういう風に歯を取って。」
「うん」うなずくものの行動には移れない。
いつもするように、おばあの口の中に人差し指を入れて、
取ろうとしたら、噛まれた。
いつもは何となく口を開けていて、すんなりはずせるのに・・
3回試みて、3回とも噛まれて、最後は娘が口を押さえている
間にはずした。
指に歯跡。痛いよ〜。

一体、どういう訳なのか〜〜???


posted by ふみ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

食事介助

好き嫌いもなしで普通食を普通量、自分で食べる。
これは、おばあの誇れる所だったが、最近、食事の途中で
箸を置いてしまうことが多々になった。
美味しくないのか?
お腹が一杯なのか?
食べる気分でないのか?
何を質問しても、要領の得ない返事なので、本当のことは判ら
ないが、中途半端に残されても困るので、食べさせると
口を開ける。
そうやって、完食するようになった。
デイサービスでも、昼食時しているらしい。
家での様子を書き、お手数をかけるが食べさせて欲しいと
お願いした。
昨日は「デザートのみ職員の介助で召し上がられました。」
今日は「昼食途中から、全介助にて召し上がられました。」
あらら・・
どうしたことか?
私なんて、食べることは大きな楽しみなのに・・
おばあはこの先、「食べること」に関して、どうなっちゃって
いくのかな???
ショートステイに行く時は、お願い事項に加えないと、いつも
お腹を空かせているようになってしまう。

posted by ふみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

オムツの取りッこ

9時ごろに一度眠ったおばあは11時ごろに起きてきた。
ガサゴソ音がしていたが、そのうち静かに・・
音がダイニングの方でしたので、見渡したがいない。
真っ暗な台所かと思い向かうと、なんと、おばあが床に座って
いる。ダイニングテーブルの陰になるところで見えなかった。
フローリングに正座。
手にはなぜかマヨネーズのチューブ。
「何しているの? どうしたの?」
無言のおばあ。呼びかけにも無視。
「トイレ行きましょう、立ってください。」やはり無視。
腕を取って、「立って。」
トイレに誘導すれば、またまたパンツを下ろす前に腰を下ろす。
「それじゃ、ダメよ。腰を上げて!」
何としても、そのまま座りたがるおばあとバトル。
少し浮かせた隙間から、紙パンツをおろす。
パットも汚れていたので、取り替えようと取ると、おばあが
持っていくなといわんばかりに、無言でひったくる。
「汚れているから、替えるから、手を離して。」
すごい勢いで、力を入れて引く。
濡れた部分に手を置かれるとイヤなので、私も取り上げようと
頑張る。汚れたオムツが引きちぎれそうになってくる。
無意味な喧嘩をしているようで、情けなくなる。
おばあは形相険しく、本気。
結局、汚れたオムツは私がゲット、無事処理。
憤慨した顔したまま、おばあは用を足している。
「ホラ、出るんじゃない。一体何なのよ。」私の捨て台詞。

全てが終わった頃、夫が「何の騒ぎ?」と降りてくる。
居間のソファーでうたた寝していた娘からは
「どうして、そんな声出すの?ボケているから仕方ないでしょ」
私への批判。
確かにむきになった私も、おかしいけどさ〜ふらふらパンチ

posted by ふみ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

トイレ騒動

先日、トイレでのバトルについて書いた。
昨日の晩も、また同じことをした。
夕飯前にトイレに連れて行ったら、ズボンを下ろそうとしている
のに、当人は座ってしまう。
「脱がないと駄目でしょう。立って。」
私の言葉なんて黙殺。
立ちたくないから、立たない。
そういう感じで、頑として腰を上げない。
腰を浮かそうと、抱えるように上に上げるのだが本人の意志は
逆なので、私の思うままにはならない。
その力たるや、とても老婆のそれではない。
前回の学習があったので、今度は夫が早めにトイレにやってきた。
私が上半身を抱えていいるので、夫がズボンを下げる係り。
狭いトイレで、大人が3人格闘する姿は笑っちゃう〜。
皆、真剣!
夫がズボンを下げたと同時に「ジャーっ!」
夫は慌てて、後ずさり。
私は、まず座らせて「続き」を・・・
足元の床も、ズボンも・・・・濡れてしまった〜。
朝、トイレに連れて行くときは、そんなこと無いのだけど。
一体、どういう加減なのか?
癖になったら・・・・常習になったら・・・困るな〜。
posted by ふみ at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

神隠し

3泊4日のショートステイから帰宅した。
先の施設と合わせて、通算10泊のスケジュールをこなした。
特にぼんやりした様子も無い。

おばあが家にいると、空気が変わるようで、当人は静かなの
だけど慌しく、にぎやかになる。
夕飯の仕度をしている時に、フラーっと私のそばに来て、何やら
話しかける。言葉になっていないから、返答も出来ず・・
そしたら今度は洗面所に、入っていくので「そっちはダメ!」
通じたようで方向転換して、トイレに入った。
仕度の手を止め、トイレに行き、ドアを開けると、電気も付けず
便座のフタの上に、ただ座っている。
自分の居場所のように。
フタを開け、ズボンを下ろし、座らせて、促す。
すぐ、立ち上がろうとするので落ち着いて用を足すように言う。
トイレを済ませ、居間のソファーに。
私は再び、食事の仕度に戻る。
大体できたところで、夫が食卓に座り食べ始める。
丁度、息子が帰宅。
私はおばあを食卓に座らせるために呼びに行くといない。
ソファーの所に、座っていない。
おばあの部屋に探しに行ったがいない。
2階に着替えに行く息子に声をかけ、おばあが2階にいたら
降ろしてくるように言う。
ところが、2階のどこにもいないと言う。
えっ〜〜〜!
居間にはいない。見渡せばいないのは間違いない。
おばあの部屋に、再び行く。障子の向こうの廊下側にもいない。
押入れにもいない。
トイレにもいない。
洗面所や風呂場にもいない。
えっ〜〜! どうして?
息子は帰宅時に、鍵がかかっていたのは間違いないという。
外に出て行ったとは考えられない。
夫はさっきまで、ソファーに座っていたと言う。。。
2階に行って、娘のベッドの上の寝具までめくってみたがいない
そんなことある?
夫が「神隠しだよ。」
そしたら・・・私が見つけた。
あんまりに、おかしい場所なので息子を呼んで見せた。
「これは、見えないわ。(笑)」
居間にいたのです。
居間の90×120pの座卓の下に、寝ているようでした。
座卓を引き、おばあを起こしました。
一体、何のつもりで、そんな所に入り込んだのか?

あまりに、おかしいことなので帰宅した娘に、クイズ形式で
問題にした。カーテンの陰とか、ドアの内側とか、おばあに
なりきって、隠れてみたりしている。そうして楽しんだ〜。
娘いわく「おばあちゃん、新しい技を覚えてきたね。」だって。

今夜は食後、ほどなく部屋に連れて行き寝かせたら、そのまま
眠った。午前0時過ぎだが起きて来ない。
良かった〜。



posted by ふみ at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

新発想・着替え編

今朝は雨模様で少し肌寒い。
おばあの着替えに
頭から被るタイプの長袖Tシャツにカーディガンを用意した。
シャツをおばあの前に広げ、頭からかぶせた。
そして、私はカーディガンやズボンを出す。
おばあを見ると、片方の袖に手を通すことが出来た、と、
思ったら同じ袖にもう一方の手も入れようともがいている。。。
「違う、違う、おかしいでしょ。こっちでしょ。」
手をとって、誘導。
着れた。と見ればいつの間にやら・・・後ろ前。
脱がせて、最初からやり直し。
脱がせるのだって、手に力を入れているので簡単には脱げない。
「間違えたから、着替えなおすの。。手を抜いて〜!」
やっと始めから仕切りなおし。
まず、頭を通して、片手を通して、もう一方の袖を持って
場所を示しているのに、またもや、おばあは同じ袖に腕を
通そうとする。。。
どうして、こういう発想になってしまうのだろう??

明日から変則的に長いショートステイに入る。
始めの1週間を、今回初めて利用する施設で過ごし、帰宅後
自宅で1泊し、翌日から今までの所で4日間のショートステイ
に行く。

さあ、どうかな?
上手く乗り切れるだろうか?
ラベル:認知症
posted by ふみ at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

ティッシュの代用

段々とすべてがマイペース?
夕飯の時、椅子を引いて座るように言っても行動に移せない。
気長に待つと椅子の上に乗ろうとする。
そこで正座?
「違う、違う、腰かけて!」
やっと座らせても、まっすぐには座らないで座版の端に斜めに
座る。子どものように簡単に抱え上げて、座らせることが
出来ればいいのだけど、重たくて、ままならない。
こちらがきちんと座らせることに、夢中になっていると
本人は、もう箸を取っていたりする。。。
今日は特別、変で食事中、体が左側に傾いている。
私はおばあの右側に座っているので、おかずの減り加減を見て
お茶碗に入れるのに、隠すような位置なのでやりにくい。。
夫いわく、「取られると思っているのじゃない。」
食べ終わると、姿勢は戻ってきた。
お薬を飲ませようと、包みを切っていると
おばあは、おもむろにカーディガンのボタンを一つはずし〜
中からパジャマの上着を引っ張り出して、口を拭いた。
エッー!?
ティッシュを取り、口も鼻の下も拭いてあげる。
持たせると、食べてしまうから・・・
まったく、マイペースと言うか、やりたい放題です〜。
posted by ふみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

ボタンへの執着

近頃の、おばあの癖。
居間のソファーに座っている時、テレビも見るわけでもないので
手持ち無沙汰になるのか、自分の着ている物を触っている。
パジャマの上着の裾をまとめて、握ってみたり〜
ある時は、ズボンの裾をどんどんめくっていたり〜
でも、その程度のことは好きにしてていいけれど
困るのは「ボタン」をつかみ、回してみたり、引張ってみたり
長いことしているので、最後には引きちぎってしまう。
これが、近頃の癖になっている。
家だけでなく、デイでもしているようで
昨日も、デイから帰宅したら、着ていたニットのベストの
ボタンが2つ取れていた。
一つは見つけることが出来て、即、補修をしたけれど、一つは
見つからず。。
先日も失くして来た。
朝、着せようとして気がつくときもある。
結果、何着もの服のボタンが、取れてしまっている。
夫が「ボタン無いのを着せれば・・」というが
おばあは、服をたくさん持っているので、それを着まわしている
ブラウスやら、カーディガンが多くて、どれもボタンがついてる
たくさんあるのに、買うのも気が進まず。。
いたづらをしているのを、見かけると止めさせるいたちごっこ。

何のつもりで、ボタンをネジネジしてしまうのかしら?


posted by ふみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

感覚無し、意思疎通不可。

言葉が通じないのよ。。
夕食の仕度が出来たので、部屋に迎えに行くと布団の中。
「ご飯だから、起きて。」
「はい。」
上半身を起こすものの、立ち上がらない。
「立って!」
「はい。」
「立って! 立って行きましょう。」
「はい。」
返事はするものの動かない。
仕方が無いので、後ろから両脇を抱えるようにして立ち上がら
せる。そのままトイレに誘導。
後ろ向きにさせると、ズボンを下ろす前に座ってしまう。
「まだ、まだ、脱いでから座らないと。」
また、立たせるのが大変。
やっとのことで、準備OK。
オ○ッコが出始めたので、替えのオムツを取りに行こうとすると
おばあも、立ち上がってトイレから出ようとする。
今、出ている途中なのに。
「アララ! ダメダメ動かないで。出ているじゃない!」
あまりの急展開に声が裏返ってしまう。
当然、床掃除まで増えちゃって〜〜ふらふら
出てから、新しい紙パンツをはかせる。私が両手で
紙パンツを広げて、おばあの足元に膝まづいてスタンバイ。
「足をあげて!」
これが通じない。何度言ってもダメ。
両手でオムツを持っているから、おばあの足を持ってあげる
ことも出来ない。床に紙パンツを置いて、おばあの足を持ち
あげて〜はかせた。

状況とか判らないのだろうか、
言葉も意味が判らないのだろうか・・・
今、判っている事は何なのだろうか。

おばあをフルネームで呼ぶと、「はい。」と返事をする。
そばに居る私や夫が互いに「この人、誰?」と聞いても
「知りません。」「わからない。」と答える。

なんと空しい。
posted by ふみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

驚異的食欲

日曜日の朝、おばあは早起きだった。
朝から活発に動き回り、ダイニングにやってきた。
私、まだ寝てました。
午前2時過ぎの就寝だったもので・・・
娘が起きていて、ダイニングの物音に気づき、おばあの生態を
見ました。
テーブルの上にあったパン篭から食パンの袋を開け2枚出して、
そのまま食べ、また別の袋の食パンの袋を開け、2枚出し
食べ始めた。娘が1枚を取り上げたら、取り合いになって
おばあが勝ち、結局4枚食べ、次にはバナナに手をつけ、
1本食べ、また2本目を取ろうとしたので、止めたら同じく
取り合いになり、今度は娘が勝って、半分取り戻した。

そして、その様子を私に見せるために、証拠写真をとりました。
下を向いて、黙々と食べている様子の写真でした。
最初のうちは立って食べていたので、座らせたそう。
飲み物を出してあげても、目もくれず夢中で食べていたそう。

夕べもそうだった。
夕食をたっぷり食べた後も、「それ、食べさせて〜」と
テーブルの上の皿のものを指して言う。
こういうときは、不思議とはっきり言える。
「これ、食べましたよ。さっき食べたでしょう。」
「食べさせてよ。」
少し、盛る。
終わると茶碗を前に押しやって、さらにお替りを要求する。
薬を飲ませ、入れ歯をはずした後も、食べたがる。

今夕はたっぷり盛って食べさせたら、最後の一口で「もういい。」
と残す。
皆で「限界があるんだ。わかるんだ」と話していた矢先、
「これ、何? 私にも%&$#〜・・」
今、お腹がいっぱいで食べないって言ったのに・・と唖然。

最後の食べ納めなら、食べさせないと可哀想だけどね〜、と娘。

一体、どうしたものだろう。


 
posted by ふみ at 00:44| Comment(6) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。