2009年03月17日

何を食べたのか?

夕食前に、トイレに連れて行こうとしたら何だか様子が変。
足元がふらついて、ヨレヨレ。
それまでソファーで横になっていたせいかと思い支えながら
用を済ます。
食卓に座り、食事を勧めても食べない。
食べさせてあげても、小さな子が薬を吐き出すように、出す。
無理に食べさせても、と、寝かせることにする。
寝床に連れて行くと、何やら〜〜臭い。
トイレに。お腹の調子が悪いと、ゼスチャー交えて訴える。
気持ちも悪いらしく、もう、上下メタメタ・・・
一体、急にどうしたことか?
家族の証言を集めた。
夕方まで、何の異常もなし。
食卓に移るホンの少しの間に何かあった模様・・
本人は寝床で、心配する娘の手を握り、目をつぶり苦しそう。
吐きそうにもなり、洗面器やタオル、吸い飲み、ティッシュと
慌しく準備。
「何か、おかしなものを食べたに違いない・・」
ティッシュを何枚か使っていると、紙と一緒にポロッとタバコの
巻紙が・・出てきた。
普段からティッシュの紙を引き出したり、しまいこんで遊んで
いる、おばあ。
これだ!!
また、タバコの吸殻を食べちゃったのだ。
そうと判れば、時間が過ぎるのを待つしかない。。
まったく人騒がせな!
夕食前、夫がおばあのそばを離れて、洗面所に行った隙に
パクッといったらしい。。。
夫はおばあの前ではタバコを吸わないと誓う。

本当に、少しも目が離せなくなった。。


posted by ふみ at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

戦闘モード

今日、ショートから帰宅のおばあ。

私の帰宅途中でショート先の施設の係りの方から、携帯に電話。
このショートステイ中のおばあの話と家庭での様子を聞いて
きた。
「少し、理解度が・・」と言いにくそうに言うので
「ハイ、進んでいます。言われることも判らないし・・」
「今回は洋服を脱いでしまう行動が見られて・・」
「ええ、家でもやります。突然、居間にいても脱ぎ始めたり
します。その時に服を着せても、すぐ脱いでしまって、
好きなようにさせて、時間を置いてから着せています。」
「ああ、それでは、環境が変わってした事ではないですね。」
「はい、毎日と言うことは無いのですが、普通のことです。」

4月の改定にあわせて、ショートの利用の仕方を見直す予定
であることを伝えると、利用限度日数についての説明を受け
「特養」への申し込みの話をすると、すぐ入れることは無い
のですが、並ぶことによって、介護する方の心持が軽くなる
かと思うので、早めにすることをお勧めします。と、言う。

帰宅するとおばあは活気があり、服を着替えさせようとすると
抵抗し、服の袖口を握って、離さない。
トイレに連れて行くと、入り口のドアにしがみつき、入らない。
「トイレに行ってからご飯を食べよう。」と優しく言っても
「そうかよ!」と言い放ち、私の両腕をつかむ。

食事は素直に進み、居間で時間を過ごし、手を引いてトイレに
連れて行くと、また刃向かってくる。
なんとか、トイレを済ませ、寝床に。
横にし、布団を掛けようとすると、私を蹴飛ばしてきた。
「えっー?」

どうしたことか?

今夜も寝ないで、暴れそう。
おばあの部屋から物音がしている。。。


posted by ふみ at 22:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

反抗期

幼児化が進んだのか(?)気ままで、お願いすることの逆を
する。

着替えよう。と、声をかければ、逆に服を押さえ脱がない。
トイレに連れて行き、「座って!」と体を押せば突っ張る。
便座にそのまま座ろうとするので、あわててズボンを下げれば
座ってからズボンを上げようとする。
濡れてしまうから・・済んだら上げるのよ。なんて言ったって
言うこと聞くわけが無い。。

今日は便座に座り、出すことには無関心で、下ろしたズボンを
脱ごうとする。
もう、下がっているから脱がなくても平気よ。と、
いくら言っても、どうしても脱ぎたいようで、好きにさせた。

「このほうが、世話ないでしょ。」

言ってる意味が判らない。。
トイレから出ても、ズボンを穿く気がなくて、子どものように
イヤイヤと拒否するので、面倒なのでお気の済むまま。。

夕食は上半身はシャツ、下半身はオムツだけで澄まして
食卓について、ご飯を食べた。

私も夫も、その珍妙な姿に苦笑い。

夕食後、ソファーに移って、寒くなってきたのか
盛んに自分の足をこすっている。
ズボンとカ−ディガンを持って行き、着せたら素直に着た。

手が焼けるようになったね。と、夫

どこか、入れる施設を探す?
今日の新聞にも書いてあったでしょう。
一人暮らしで、ほとんど寝たきりの91歳の男性が、3年待って
やっと、入れそう。なんていう状態なんだよ。
お金のかかる所は、持ち出しになるし、この先、何年かなんて
わからないでしょう。家で出来る? と、私。

ハア〜(ため息)で話は終わった。。。




posted by ふみ at 00:36| Comment(2) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

便通のツボ

自分のでは無い。
おばあの話。
どこかを押すと、スムーズに出る。というツボがあったら
教えて欲しい。

汚い話で、この先の話を見たくない方は、今日はここで。。


今日の昼間、トイレあたりをうろつく、おばあを見かけたので
トイレに入れた。
少し、オムツを「便」で汚している。
早いタイミングで良かった、と思い、座らせて待つ。

4〜5cm出ているのが見える。

ところが、それから〜〜 一向に、動きが無い。。。

「う〜〜〜ん、って息張ってごらん!」

キョトンとしている。。
重ねて言うと、「う〜ん」と言うものの、力が入っていない。

中途半端に出ているという自覚も無いようで、
「ホラ、お腹に力入れてごらん!」としか言いようの無い私に
当のおばあは逆切れして「どうしろって言うんだよ!」

もう、事態に動きがないと見切った私は、ペーパーで便を取り
ウォッシュレットで洗い、終わりにした。

言葉が通じないから、こちらの言うことが理解できない。
自分の体の状態も把握できないので、自らの行動が無い。

どうすればいいの。。

下腹部を押してみたとて、チューブじゃあるまいし。。
出ないよ〜

こんな時もあるよ。。で片付けるしかないか。。

でも、便通に良いツボとか、おまじないがあったら教えて!




ラベル:認知症
posted by ふみ at 22:26| Comment(4) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

食事の有様

今日の夕飯時のおばあは、すごかった。
食卓におかずを出来た順に並べていると、おばあがやって来て
立ったまま、手づかみで取って、食べてしまう。
「誰か〜、おばあちゃんを見ててよ。」
一人、おばあの見張り番が必要で、手分けしてご飯を盛り
おかずを盛り付け、慌てて仕度を整えた。
手洗いは済ませていたので、食卓に座らせる。
いつもの自分の位置も、判らなくなったので誘導。
それが席にきちんと座るか座らぬうちに箸を取り、体が椅子
から半分出た状態で、ご飯にがっついた!
その勢いのすごい事、すごい事〜。
茶碗を一度もテーブルに置く事無く、せわしなく箸を動かし
茶碗の縁に箸をカチャカチャとぶつけながら、食べる。

何日かぶりに食事にありついた人のよう〜

獣だね。。。 夫がポツリ

何か・・・・何とも・・・・・切ない・・・・
ラベル:認知症
posted by ふみ at 22:09| Comment(2) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

異食・スポンジ

土曜日、半日医者。残り時間が長〜い一日。
居間にいても、飽きると動き出す。
部屋に戻って、アチコチのものを出して、カサコソガタガタ〜。
そのうち、居間の前をよぎって、どこかに。
後を追うと、トイレ。
脱がせて、座らせる。
自分から行ったのだから、出るのかと待てば・・・
ペーパーホルダーが気になり、紙を引き出したり、下げた
ズボンを上げようとしたり。気が散るようなことばかりする。
「オシッコなら、オシッコに集中して!」

顔を見れば、口を動かしている。
開けさせてみたが、何も無いよう。
でも、もぐもぐしている。
おばあの口に手を入れて、探った。
どこで見つけたのか、いつ口に入れたのか白いスポンジ。
こんなの、飲んでしまったら危なかった〜!
なんで、口に入れてしまうのかしら?

そして、またトイレのことに戻る。
「出ないのかな? オシッコしちゃって!」
当人は服の上着をまくりあげ、「ありません!」
オシッコを探しているよう〜
「そんなトコには、無いわよ! ここから出すの!」
下腹部を指す。おばあはまた、まくりあげて探す。

これって、聞いているほうは漫才ね。私達は真剣。

夜はお台所に出没して、ガス台の上に載せてあった夕食の
残りのすき焼き鍋の中身を小さなお玉ですくって食べているし
あ〜〜ぁ

明日の日曜日も、長いなあ〜〜
ラベル:認知症
posted by ふみ at 00:00| Comment(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

子どものようなイタズラ

おとなしくしているからと、油断をしていると。。

お夕飯を呼びに部屋に行くと、おばあは大好きな片付けを
せっせとしていた。着替えもまだだったので、、着るものを
準備し、声をかけた。そこで、初めて、おばあの顔を見たら
何か口にくわえている。
取り上げてみれば、先日、落として壊した陶器の大黒様の
破片。まだ、落ちていたのだ。飲み込めるほどの小さな物で
なくて良かった。
着替えが済んで、次はトイレ。
行けば、スリッパが無い。おばあの部屋の入り口の隅に・・
オムツを降ろせば、使用済みの紙がポロッと落ちる。
トイレが済んで、ペーパーを使おうとしたら・・
なんと、ペーパーの中央がむしり取られている。
カラカラ引き下げても、ボロボロの紙が出てくるだけ〜

まったく〜!
夫を叱った。
「静かだからって、見てなかったのでしょう!」
夫は困って、沈黙。

言っても仕方ないことなのだけど、次々と、動く先々で
いたずらがされていると・・誰かに叫ばずにいられない〜!

posted by ふみ at 00:20| Comment(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

今日は3回

どういうつもりなのか?
本当に訳を話して欲しい。

デイの人に送られて来た。
今日は運転手(職員さんの当番制)さんの他にもう一人、
新人の職員さんかな(?)の2人態勢でいらした。
家の前にデイの車が着き、居間から覗いていて出るタイミング
をみていた夫。
ところが、しばらくするとおばあを降ろさず発車。
しばらくすると、またやってきた。
今度は迎えに出たそう。
おばあは、またまた降車拒否。
車の内側の取っ手をしっかり握り、職員さん2人と夫の3人で
説得したり、強引に引いてみたりしたが頑として動かず。
「もう、一回りしてきます。」
親切にも言ってくださって、発車。
3回目に来た時にやっとのことで、降ろした。
玄関に入るのも拒否して、夫をてこずらせたそう・・・

まったく、忙しいだろうに。
施設に帰ってする仕事も残っているでしょうに。。
本当に迷惑をかける、おばあだこと。
「もっと、強引に引きずり降ろすとが出来なかったの!」
夫から、話を聞いた私は、夫に当たった。
「したんだよ。でも、すごい力で離さないから・・」

どういうわけなのか?
どうやったら、おとなしく降りてくれるのか?
ちょっと考えないと。。

帰りたくないほど、辛い状況の「家」では無いのですよ。
ホントに。
ラベル:認知症
posted by ふみ at 01:09| Comment(2) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

こども返り

歳をとると、「子どもに返っていく」ということを聞きます。
「返る」というのは「原点に戻る」という意味のようです。

私は小さな幼児のように、色々なことを理解できない状態と
思っていました。
でも、近頃のおばあを見ていると。。。
理解できないだけでなく、子どもが2.3歳になって知恵が
ついてきて、何に対しても「イヤ!」って反抗する時期が
ありますよね。何もわからないまま「イヤ!」
最近のおばあが、そのようなのです。
だから、本当に全部「子ども返り」なのだな〜って思うのです。

今日も、家の前の狭い道はおばあのせいで渋滞。
デイサービスの車で送られてきて、降車拒否をして
車の降り口で両手を突っ張り、デイの職員さんと夫が
あれこれ説得したり、力づくで降ろそうとしても頑張って
降りないのです。外は雨。後ろから来る車は並んで待って・・・
迷惑をかけてしまいました。

トイレに連れて行っても、座るのイヤ。
気分がのらないと、布団に連れて行っても横になるのがイヤ
イヤで無いのは、食べることだけ〜

何か思うところがあるのか、
そういう時期なのでしょうかねえ〜?
ラベル:認知症
posted by ふみ at 00:00| Comment(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

ゴミ箱あさり

ハア〜

もう、一体自分が何をしているのか全くわからないのだと
思う。。。

ご飯を食べている時は、茶碗に手を添えることもせずに食べる
汁物もそうして、中味の具を取ろうとする。
危なっかしくて、左手を取って、茶碗に添えさせる。

「入れ歯を取って。」ゼスチャーでやって見せて
なるべく自分ではずしてもらうように、声掛けをする。
「もっと上の方から・・両手を使って・・」
そしたら・・・
おばあは上唇を引張っていた。。。アチャー!

食後に居間に移動して、眠くなるまでの時間を過ごすが
じっとしていない。
テーブルの上の新聞をたたみなおす。
ティッシュの箱の上に取り出しやすく出ているティッシュを
わざわざ箱の中に押し込んでいる。
各種コントローラーを集めて、その辺にあるものに包んでいる

「おばあちゃん! 触らないで。。」何度、取り上げることか

挙句の果てには、ゴミ箱に興味を持って、テーブルの下に
隠して置いてあるのに引っ張り出して、中のゴミを広げる。

止めさせても、また始める。。

小さな子どもの方が、まだ言うことを利くのではないかしら?

ラベル:認知症
posted by ふみ at 22:31| Comment(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トイレが怖い?

ショートから帰宅した。
特に変化なし。

私が帰宅して、居間に入ると黙って見つめる。
「こんばんは」と、挨拶すると
「お帰りなさい。どうしたの?」と、マトモな答え

早速、おばあの着替えとトイレ。
着替えは、「嫌だ」とか「寒い」だとか言う暇を与えずに
さっさと脱がし、ちゃっちゃと着せた。

「トイレ行きましょう。」手を引いて連れて行く。
ズボンを下ろし、回れ右をさせて、「座って!」

ここで、つっかえた。

何を思ったか、座らない。
私の体で押すようにして座らせようとするが、体を突っ張る。
「座って、しないと・・・」

「おっかないから、やだよ。」

「大丈夫よ。支えているから」と、上腕部を持って言った。

それでも、座らない。

ふと、下を見れば・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

出てるぅ〜〜 がく〜(落胆した顔)

床も下着も濡らした。。。

一気に、おばあが帰ってきた実感。
穏やか〜な気持ちが吹っ飛び、現実の日常の世界に。

その後も、トイレに連れて行き、座ってくれたものの
汚れたパッドを始末するために、私がおばあのそばを離れると
子どものように、私の後を追ってしまい、便座から立ち上がる。

下から、出ているのにもかまわず・・・!

キャー、ダメダメ〜!

なんと! 
感覚が無いのか。。
トイレに一人でいるのは嫌なのか。。怖いのか?

そうそう、夜もソファーで眠たそうにしているので
寝るか聞くと寝るという、じゃトイレに行ってから。と、
部屋を出ようとすると、
「そんなにすぐに#$%〜=’&」と、ソファーに逆戻り。

おかしいの。

ラベル:認知症
posted by ふみ at 13:34| Comment(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

食事の仕方

近頃、食事の時間が一段とせわしなくなってきて・・
おばあと一緒に食べると、味もわからない。

何だか、子育ての頃と一緒みたいな感じ。。。

ご飯を用意してから、おばあを食卓に座らせるのだけど
ご飯の上に、おかずの盛り付けが遅れると
「ちょっと待ってね。」が通じず、白いご飯のまま食べ始める

お箸の用意が遅れると手づかみで食べ始める。。

用意が整って、おばあが食べ始めると、そのスピードが速い

本人も時々、むせている。

あっという間に食事が終わる。
満腹中枢神経も追いつかず、たっぷり盛ったのに
おばあの目は食卓のものに目が泳ぐ。

自分の食事は中断し、さっさと白湯を用意し、薬を飲ませ
入れ歯をはずす儀式に移る。

全てが終わると、次の行動をどうして良いか判らないもの
だから、所在無げに、ただ座っている、おばあ。

その隣で、ご飯を食べても喉を通らない。
早く終わった夫が、居間に手を引いて連れて行く。

このスタイルが定番になってきた。

デイでは、どんな食事の仕方をしているのかしら?

今度、「家族会」があるので聞いてこよう。。


ラベル:認知症
posted by ふみ at 02:20| Comment(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

問題行動

失禁とか不潔行為を問題行動というようです。

最初のうちは、失禁などをすると、脱いでどこかに隠す
ということをしました。
「羞恥心」や「自尊心」の表れだそうです。

だんだん進行すると、もう濡れていても「大」で
汚れていても、気にならないようです。

トイレの便器の中の水が汚いとか、トイレで使った紙が不潔
だとかも、わからないようです。
捨て場所がわからず、汚物入れに入れていた頃は、まだまし
だったのでしょう。
トイレの床の上とか、手洗いの所とか、トイレホルダーの上
とか、思わぬ所に放置します。
ラベル:認知症
posted by ふみ at 23:46| Comment(2) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。